人間とゾンビの攻防戦!サッカー映画『ゴール・オブ・ザ・デッド』

ニュース

[シネママニエラ]サッカー大国フランスから、ピッチにゾンビが溢れ返り、スポーツマンシップに全くのっとらない禁断サッカームービー『ゴール・オブ・ザ・デッド』が届いた。

人間とゾンビの攻防戦!サッカー映画『ゴール・オブ・ザ・デッド』
人間とゾンビの攻防戦開幕!

今作は本来、前半戦「死霊のキックオフ大乱闘編」、後半戦「地獄の感染ドリブル編」の2部で上映するが、本国フランスでも好評とのことで、日本でも前後半+ロスタイム流血試合一挙上映!と称し、本編ノーカットの1作品として上映されるという。

監督は、バンジャマン・ロシェとティエリー・ポワロー。脚本はニコラス・プフェーイ、トリスタン・シュルマン、マリー・ゲレルほか。そしてキャストはアルバン・ルノワール、アメッド・シラ、ティファニー・ダヴィオ、シャーリー・ブルノーとなっている。

映画『ゴール・オブ・ザ・デッド』ストーリー

スターダムにのし上がれないサッカー選手ジャノ・ベルボーの家に、ある日小包が届く。これにより怪しげな薬と注射を手にし、ジャノはドーピングをするのだが。しばらくして、突然苦しみだし、ゾンビへと変貌。ライバルのサム・ロリが所属するチームとの試合に勝つために、闘争心だけが残ったゾンビストライカーとして、試合会場へと走りだす!

R15+
2014年フランス映画/121分
原題=GOAL OF THE DEAD
日本公開=2014年5月3日
配給=東京テアトル、日活
公式サイト

[amazonjs asin=”B00JVQ6TXG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ゴール・オブ・ザ・デッド Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で