第4の「攻殻機動隊」全貌 2月12日明らかに!

ニュース
攻殻機動隊ARISE
©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会

[シネママニエラ] 2月12日[火]、第4の「攻殻機動隊」アニメーションだという、新プロジェクト『攻殻機動隊ARISE』の全貌が、nicofarreにて行われる製作発表記者会見にて明らかになるとの情報が本日リリースされた。会見では、同作の詳細情報、最新映像の公開、スタッフ、スペシャルゲストによるトークショーを予定しており、この模様は全世界に向けて無料でライブ配信(ニコニコ生配信、バンダイチャンネル、YouTube)する事も決定している。

1989年に講談社の「海賊版ヤングマガジン」にて士郎正宗が原作漫画を発表、その連載開始以来1995年の劇場版『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』(押井守監督)や、2002年より放送開始したテレビアニメ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』(神山健治監督)など様々な形で世界中に驚きと刺激を与え続けてきた「攻殻機動隊」シリーズ。『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『イノセンス』、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』に続き、第4の「攻殻機動隊」のアニメーションである『攻殻機動隊ARISE』が製作される事が決定!

この新たな「攻殻機動隊」は、『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』、『BLOOD The Last Vampire』、『イノセンス』など多くの作品で、本シリーズの制作スタジオであるプロダクション I.Gを支え続けた黄瀬和哉を総監督に迎え、03年「マルドゥック・スクランブル」で日本SF大賞、吉川英治文学新人賞、09年「天地明察」で本屋大賞といった数々の賞を受賞する冲方丁が脚本と構成を担当する。

海外で最も有名な日本人ミュージシャンの一人であるコーネリアスが音楽を担当。なお、「攻殻機動隊」の生みの親である原作者 士郎正宗も本プロジェクトに参加していることが明らかになっている。

耳より情報として。2月12日は、―「攻殻機動隊ARISE」製作記念!スペシャルナイト!!―と題したイベントが、TOHOシネマズ 六本木ヒルズで開催。第1部は旧作スクリーン上映、第2部で「攻殻機動隊ARISE」製作発表会ライブビューイングという構成。非売品の「攻殻機動隊ARISE」プレスシートが入場特典となっている、このチケット(@2,000円)は、1月17日[木]24:00~ から発売される。詳細は公式サイトにてご確認を。

© 士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
公式HP =kokaku-a.com
公式Twitter =@kokaku_a
公式facebook=Kokaku_a

[amazonjs asin=”B00BB1MALO” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 1 Blu-ray”]

[amazonjs asin=”B00DIOB46O” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 2 Blu-ray”]

[amazonjs asin=”B00GU51IYG” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”攻殻機動隊ARISE (GHOST IN THE SHELL ARISE) 3 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で