ジブリ『思い出のマーニー』完成!宮崎駿×高畑勲が絶賛!

映画会見/イベントレポート
高月彩良と米林監督と有村架純
高月彩良と米林監督と有村架純

[シネママニエラ]スタジオジブリの映画『思い出のマーニー』の完成報告会見が7月2日、東京国際フォーラムにて行われ、高月彩良、有村架純、松嶋菜々子、黒木瞳、寺島進、根岸季衣、森山良子、主題歌を担当したプリシラ・アーン、麻呂こと米林宏昌監督、西村義明プロデューサーが出席した。

麻呂は1+1=5、ジブリのエース!

ジョーン・G・ロビンソン著のイギリスの児童文学「思い出のマーニー」を原作にアニメーション映画化。米林監督にとって映画『借りぐらしのアリエッティ』以来2度目の長編作となる。12歳の杏奈が静養先でマーニーと過ごしたひと夏の体験を描く。ジブリ作品としては初のWヒロイン(2名のヒロイン)であり、宮崎駿、高畑勲が一切携っていない初の作品となる。また英語歌詞の主題歌「Fine On The Outside」を起用したことも初めて!

思い出のマーニー|米林宏昌×高月彩良×有村架純

その両巨頭は既に本作を鑑賞。西村プロデューサー(以下、西村P)によると、宮崎監督は「よく頑張った」「麻呂は1+1=5にする男だ」と称え、高畑監督は感想を長いメールにしていたという。そのメールの中の一部で「作画も美術も、そしてそれ以降の工程についても本当によく頑張って、さすがジブリと言わせるものを作った。この作品をもって米林宏昌監督は、ジジイが去った後の押しも押されもせぬジブリのエースであると世間にもてはやされるであろう。それを認めることにわたしはやぶさかではないし、米林宏昌監督を祝福したい」と最高の賛辞を送ったそうだ。西村P自身「(完成まで)本心は不安でいっぱい。誤解を恐れずに言えば、『風立ちぬ』『かぐや姫の物語』はおじいちゃんだからこそつくれた作品。自分や監督は親世代になって、子どもを思う気持ちを込めて、親子で観てほしい作品をつくった」と熱弁。

オーディションで選ばれヒロインの杏奈を務めた高月は「自分にとって一生の誇りとなる作品。完成作を観てようやく夢じゃなかったと思えた」、同じくマーニーを務めた有村は「みなさんから励まされ自信を持って最後まで頑張った。わたしの宝物」と本作についての思いを述べた。

なお実は2度観必至な『思い出のマーニー』試写会舞台あいさつレポートは近日掲載!

2014年 日本映画/103分
日本公開=2014年7月19日
配給=東宝
公式サイト http://www.marnie.jp
©2014 GNDHDDTK

映画『思い出のマーニー』完成報告会見

[amazonjs asin=”B00QWMUGY0″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”思い出のマーニー Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で