アンディ・ラウ中国版シャーロック・ホームズ『王朝の陰謀 判事ディーと人体発火怪奇事件』ヴェネツィアでお披露目



アンディ・ラウ主演“中国版シャーロック・ホームズ”[シネママニエラ]9月29日に中国・香港・台湾で同時公開される中国映画『狄仁杰之通天帝国』が、9月5日(現地時間)にヴェネツィア国際映画祭コンペティション部門でお披露目された。

香港の巨匠、ツイ・ハーク監督が、お得意の武侠アクションで描く“中国版シャーロック・ホームズ”的作品。

実在した唐時代の宰相・狄仁杰をモデルに、劉徳華(アンディ・ラウ)が主人公の狄仁杰を務めています。共演は、劉嘉玲(カリーナ・ラウ)、李氷氷(リー・ビンビン)といった実力派の美人女優。

ハーク監督の世界3大映画祭コンペ部門への参加は、お初とのこと。ハーク監督、アンディ・ラウ、リー・ビンビン、カリーナ・ラウ、によるフォト・コールの様子をお届けしました。

英題=DETECTIVE DEE AND THE MYSTERY OF THE PHANTOM FLAME
日本公開=

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD