有村架純と松坂桃李『くるみ割り人形』で愛を表現

ニュース 映画作品情報

有村架純と松坂桃李『くるみ割り人形』で愛を表現

[シネママニエラ]ハローキティの生みの親サンリオ製作のミュージカル・ファンタジー『くるみ割り人形』が11月29日から3D/2D同時公開する。物語の主人公クララ役の声に女優の有村架純、クララと運命の出会いを遂げる若き将校の声を俳優の松坂桃李が担当することが発表された。

『くるみ割り人形』有村架純と松坂桃李
有村架純と松坂桃李
©1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN

ハローキティ40周年を記念した本作。1979年に公開されたサンリオ製作の人形アニメーション映画『くるみ割り人形』が2014年、多彩なクリエイターと共に生まれ変わる。同作はホフマンの童話「くるみ割り人形とねずみの王様」とチャイコフスキー作曲のバレエ「くるみ割り人形」を基にしたオリジナルの物語。

新たに息吹を吹き込んだ監督は「Kawaiiカルチャー」火付け役の国際的アーティスト・増田セバスチャン。「自分が作品を通じて伝えたいメッセージをさらに増幅させて作り上げることが出来たので、今までの映画には無い新しい表現が生まれたと確信しています」と手ごたえを感じている様子。ワンカットごとのデジタルスキャニング。一日に3秒しか撮れなかった奇跡の人形アニメーションのかつてのネガフィルムを使用し、古い映画の焼き直しではない、まったく新しい世界観を構築。新作映画として提示するという。

ジブリ映画『思い出のマーニー』で披露した声の仕事も高評価されている、有村は「一人の少女が【愛】という大きなものをはじめて見つけた時、どういう女性に成長していくのか。大人の階段を一歩一歩駆け上がっていく姿に心打たれます。クララだけでなく、愛おしさがこみ上げてくる、忘れられないキャラクターたちが色鮮やかな世界で、生き生きと走り回っています」と語る。

そして松坂は「お子さんも大人も、見た人すべての心に届く、非常に温かみのある愛に満ち溢れた作品です。描き出される世界がとても綺麗で、思わず見とれてしまいました。寒い季節に公開される映画なので家族、友達、カップルでも一緒に見て温かい気持ちになって下さい」とコメントを寄せた。

テーマ曲は、きゃりーぱみゅぱみゅのファーストアルバムにある唯一のバラード曲「おやすみ」を、当時18歳のきゃりーの歌声だけはそのままに、中田ヤスタカがエクステンディット・ミックスした。監督は「すごく贅沢な結構な大作に仕上がって、エンディングを飾る曲が出来ました」と大満足しているそうだ。

1979年日本映画/2014年日本映画
原題=THE NUTCRACKER FANTASY
日本公開=2014年11月29日
配給=アスミック・エース
©1979,2014 SANRIO CO.,LTD.TOKYO,JAPAN

有村架純×松坂桃李『くるみ割り人形』予告編 ポスター あらすじ
「くるみ割り人形 Blu-ray」をAmazonで購入する
公式サイト kurumiwari-movie.com
有村架純、浴衣姿を披露

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で