佐藤浩市が父・三國連太郎からもらった手紙とは?

映画会見/イベントレポート

映画『愛を積むひと』完成会見[シネママニエラ]北海道・美瑛町を舞台に佐藤浩市と樋口可南子が夫婦役初共演を果たした感動作『愛を積むひと』が、約1年の撮影を経て遂に完成し、佐藤、樋口をはじめ、北川景子、野村周平、杉咲花、吉田羊、柄本明、そして朝原雄三監督による完成報告会見と完成披露試写会舞台あいさつが5月13日に行われた。

愛を積むひと|作品情報

佐藤は「カミさんがいないと何もできない女房依存症の夫を演じた佐藤です(笑)」と挨拶すれば、樋口が「女房依存症の夫を愛おしく愛おしく思う妻を演じました」と呼応し、劇中同様に阿吽の呼吸をみせた。

相性の良さは、このエピソードでもわかる。夫婦役を演じるにあたり、ふたりで話あったのか?と問われ、「まったくないんですよね(笑)世代が近いこともあり、日本映画界を引っ張ってきた先達たちを同じく見てきて、共通する部分が多い。話す必要がなかったですね」(佐藤)。「話さずにできたのは珍しいと思います。同じ時代を生きてきたからこそ、目指すものがいっしょでお互いに持ち寄ったものでできてしまうんですよね。夫婦が積み重ねてきたものを醸し出すのって難しいと最初は思ったのですが、できてしまいました(笑)」(樋口)とさらり。

そんな二人を北川が「映画に出てくる夫婦は理想です。感情を言葉にしない夫を奥さんがちゃんと察しているところなど、言葉や形のないところでお互い支え合って、長くいっしょにいられる、無償の愛は素敵です」と吐露すれば、野村も「ずっといっしょにいられることは素晴らしいこと。僕もそういう人と巡り合いたいです。一生愛せる相手がいるのって幸せですよね」と語り、さらに杉咲が「結婚…考えたことないな。まだ、わからないです(笑)」と素直に話す。

そんなほのぼの感ただようなか、キャラ全開の発言も。吉田が「理想の夫婦のあり方がわかっていたら、私は今独身じゃないです(笑)」と自虐気味。そして「私は7月と10月に(ロケ地である北海道の美瑛に)行ったんですが、2つの季節の移り変わりだけでも本当に美しいです。大通りは整備されていて、いろんなお店が密集していて楽しいんですが、閉店が早くて飲兵衛の私にはちょっと物足りないところも(笑)」と振り返った。また、柄本は「キレイなところ。何もないところ。飯食うところと夜開いている店がなくて、ね。歩くのは好きなので、よく歩きまわって気持ちよかったです」と、夫婦役でトーンを揃えて仲良くコメント。

劇中ではアイテムの手紙が涙腺を刺激する仕掛けとなっていることにちなみ、各人の手紙エピソードが明かされた。

>>各人のコメントにつづく

日本公開=2015年6月30日
配給=アスミック・エース、松竹
公式サイト http://ai-tsumu.jp/
©映画「愛を積むひと」製作委員会

[amazonjs asin=”B01462XGVM” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”愛を積むひと Blu-ray スペシャル・エディション(特典DVD付)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で