BAFTA(英国アカデミー)選出、2011年注目スター候補はこの5人!

ニュース
アンドリュー・ガーフィールド
アンドリュー・ガーフィールド

[シネママニエラ]BAFTA(英国映画テレビ芸術アカデミー)は、並外れた才能と向上心を持つ、若手の俳優・女優を称えるオレンジ・ライジング・スター賞(Orange Wednesdays Rising Star Award)2011年の候補者を1月10日に発表した。最優秀賞の発表は、2月13日(現地時間)。国籍は不問の本賞。本年の特徴は、「新スパイダーマンリブート(再起動)」の俳優&女優が候補となっていることでしょう。※写真は、アンドリュー・ガーフィールド。

オレンジ・ライジング・スター賞の候補者

●ジェマ・アータートン(1986年1月12日生まれ、イギリス出身)
アンドリュー・ガーフィールド(1983年8月20日生まれ、アメリカ・LA出身)
●トム・ハーディ(1977年9月15日生まれ、イギリス出身)
●アーロン・ジョンソン(1990年6月13日生まれ、イングランド出身)
エマ・ストーン(1988年11月6日生まれ、アメリカ・アリゾナ州出身)

各人の補足を少しばかり。
ジェマ・アータートンの近年の出演映画は『タイタンの戦い』(2010)、『プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂』『パイレーツ・ロック』『007/慰めの報酬』など。

アンドリュー・ガーフィールドの近年の出演映画は『ソーシャル・ネットワーク』『わたしを離さないで』『Dr.パルナサスの鏡』など。特に『わたしを離さないで』の演技は一見の価値あり。また、新スパイダーマンを演じることも決定している。

トム・ハーディの近年の出演映画は『インセプション』『ザ・エッグ ~ロマノフの秘宝を狙え~』『ロックンローラ』『スウィーニー・トッド 悪魔の理髪師』など。特にレオナルド・ディカプリオ&渡辺謙と共演した『インセプション』のイームス役で多数のファンを獲得。

アーロン・ジョンソンの近年の出演映画は『キック・アス』『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』。特に『ノーウェアボーイ~』の監督との年の差婚報道で注目された。

エマ・ストーンの近年の出演映画は『イージー・A(原題)』『ゾンビランド』『キューティ・バニー』など。また、新スパイダーマンでヒロインを演じることも決定している。

なお、同賞の過去受賞者はこちら。

2006年 ジェイムズ・マカヴォイ『ウォンテッド』
2007年 エヴァ・グリーン『007/カジノ・ロワイヤル』
2008年 シャイア・ラヴーフ『ウォール・ストリート』
2009年 ノエル・クラーク『センチュリオン』
2010年 クリステン・スチュワート『トワイライト』シリーズ

やはり目利きが選んだだけあり、活躍されている方々ばかりですね。ちなみに個人的には、ジェマ・アータートンとトム・ハーディに注目しています。

情報更新――トム・ハーディが選ばれました!

[amazonjs asin=”B00HIM7VSW” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”英国男子 雑誌EYESCREAM2014年3月号増刊”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で