『トゥルー・グリット』公開3週目に首位奪還!【予告編付き1月9日全米トップ10】

映画予告編

©2010 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.『トゥルー・グリット』
©2010 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.
コーエン兄弟の最新作が、公開3週目にして首位を奪還しました。客層は65%が男性で、その内、70%が25歳以上を占めており、まさしく大人が観る名作として浸透し始めている模様。

初登場でランクインを果たしたのは、ニコラス・ケイジとロン・パールマンによるアクション・アドベンチャー。12月に限定公開した、グウィネス・パルトローと『トロン:レガシー』のギャレッド・ヘドランドが共演したカントリー・ミュージシャンを題材としたドラマが公開スクリーンを増やして、前週の43位から大幅ランクアップしています。

1.『トゥルー・グリット』
[True Grit] (Paramount) 公開3週目    [3,124 館]

『トゥルー・グリット』の内容は、(12/26全米興行トップ10)にて

【関連記事】
13歳の美少女ヘイリー・スタインフェルド、映画『トゥルー・グリット』の演技を同業者が絶賛/NYプレミア

日本公開=2011年3月18日
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト http://www.truegritmovie.com/intl/jp/
©2010 PARAMOUNT PICTURES. All Rights Reserved.

2. 『リトル・フォッカーズ(原題)』
[Little Fockers] (Universal) 公開3週目   [3,675 館]

『リトル・フォッカーズ』の内容は、(12/26全米興行トップ10)にて

3. 『シーズン・オブ・ザ・ウィッチ(原題)』
[Season Of The Witch] (Relativity) 初登場/NEW [2,816 館]

『シーズン・オブ・ザ・ウィッチ』予告編

『キック・アス』『ドライブ・アングリー 3D』と公開作が相次ぐニコラス・ケイジと、『ヘルボーイ』のロン・パールマンがタッグを組んだアクション・アドベンチャー。監督は『ホワイトアウト』『60セカンズ』のドミニク・セナ。
舞台は14世紀。長年の戦闘の末、帰還したふたりの騎士がみたのは、黒死病で壊滅状態と変わり果てた故郷の姿。彼らは、村人から諸悪の根源だとみなされ、魔女の疑いをかけられた少女・アンナを、悪魔払いの儀式に連れてゆく役目を担うが。

4.『トロン:レガシー』
[Tron Legacy] 3D (Disney) 公開5週目 [3,013 館]

『トロン:レガシー』の内容は、(12/19全米興行トップ10)にて
【関連記事】
ディズニーの映像革命『トロン:レガシー』の世界初映像が日本で解禁
映画『トロン:レガシー』の来日記者会見
日本公開=2010年12月17日、全世界同時公開
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト http://www.tron-movie.jp/

5. 『ブラック・スワン』
[Black Swan] (Fox Searchlight) 公開 5週目 [1,584 館]

『ブラック・スワン』の内容は、(12/12全米興行トップ10)にて

【関連記事】
ナタリー・ポートマン「女優としてのキャリアを満たしてくれた」

日本公開=2011年4月
配給=20世紀フォックス映画
公式サイト

6. 『カントリー・ストロング(原題)』
[Country Strong] (Screen Gems/Sony) 公開3週目 [1,424 館]

『カントリー・ストロング』予告編

女性シンガーの再起を描くドラマ。 監督は『ザ・グレイテスト(原題)』で長編デビューした、女流監督のシャナ・フェステ。予告編を見た感じでは、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』+『クレイジー・ハート』的な雰囲気もあるので、是非、日本でも公開してほしいところ。
また、カントリー歌手を演じた主演のグウィネス・パルトローが、その歌唱力を認められ歌手デビューしたことも話題に。テレビドラマ「ゴシップガール」のレイトン・ミースターも出演している。

7.『ファイター(仮題)』
[The Fighter] (Relativity/Paramount) 公開5週目 [2,528 館]

『ファイター』の内容は、(12/19全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年
配給=ギャガ
公式サイト

8. 『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』
[Yogi Bear] 3D (Warner Bros) 公開4週目  [3,288 館]

『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』の内容は、(12/19全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年4月2日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト

9.『英国王のスピーチ』
[The King’s Speech] (Weinstein Co) 公開 4週目 [758 館]

『英国王のスピーチ』の内容は、(1/2全米興行トップ10)にて

【関連記事】
第17回全米映画俳優組合賞ノミネート一覧
第68回ゴールデングローブ賞ノミネート一覧
日本公開=2011年2月26日
配給=ギャガ
公式サイト

10.『塔の上のラプンツェル』
[Tangled] 3D (Disney) 公開 7週目 [2,383 館]

『塔の上のラプンツェル』の内容は、(11/28全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年3月12日
配給=ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公式サイト http://www.tounoue.jp/

数字は( )より
予告編は( http://www.traileraddict.com/ )より

2011年1月11日 掲載
2015年3月2日 更新

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で