ナタリー・ポートマン「女優としてのキャリアを満たしてくれた」


『ブラック・スワン』黒鳥
©2010 Twentieth Century Fox.

映画『ブラック・スワン』が、第68回ゴールデングローブ賞において、作品賞、監督賞(ダーレン・アロノフスキー)、主演女優賞(ナタリー・ポートマン)、助演女優賞(ミラ・クニス)の主要4部門にノミネートされたことから、ダーレン・アロノフスキー監督と主演のナタリー・ポートマンより、喜びのコメントが届いた!

ダーレン・アロノフスキー監督

「このような素晴らしい栄誉を頂き、HFPA(ハリウッド外国人映画記者協会)にはとても感謝いたします。このノミネーションの威厳によって『ブラック・スワン』のようなインデペンデント映画が注目を集め、これからのインデペンデント映画作品の発展に繋がると信じております。更にナタリーやミラ、毎日爪がなくなるまでにこの映画に魂をつぎ込み演じてくれた女優達にとても感動しております」

ナタリー・ポートマン

「HFPA審査員の方からのノミネーション、そして私が尊敬を抱く素晴らしい女優陣の中の1人に選んで下さったことを大変光栄に思います。ダーレン・アロノフスキー監督や素晴らしいスタッフ達と現場を供にしたことは、女優としてのキャリアを満たしてくれた。そして、皆様の評価は、この映画に関わった人間としてどれだけ素晴らしく名誉なことだということを再認識させてくれました」

同作は、米国映画協会による2010年のベスト映画10本に選出されたほか、アカデミー賞を占うと言われている、ゴールデングローブ賞で上記主要賞にもノミネート。主要映画賞のノミネートと受賞が続いている。中でも、ナタリー・ポートマンの熱演が高い評価を得ており、今後の本格的な賞レースを前に、全米での大ヒットも加わり、更なる加速がついたことは間違いない。日本公開が待たれる『ブラック・スワン』に、ぜひとも注目したい!

【関連記事】
『ブラック・スワン』作品紹介
ゴールデングローブ賞ノミネート一覧
日本公開=2011年4月
配給=20世紀フォックス映画
© 2010 Twentieth Century Fox.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD