清野菜名は血まみれ?! 実は「血が苦手で蚊にも大騒ぎ」な押井守監督

映画会見/イベントレポート
清野菜名と押井守監督
清野菜名と押井守監督
©2015東映ビデオ

[シネママニエラ]押井守監督が7月25日、女優の清野菜名をヒロインに起用して女子校を舞台に描くスリラー映画『東京無国籍少女』の初日舞台あいさつに清野、田中日奈子、吉永アユリ、花影香音と出席し「前半を耐えることができれば面白くなる映画」として、清野がアクションヒロインとして魅力を発揮した後半の見せ場と女優としての魅力を語った。

映画『東京無国籍少女』作品情報(予告編動画)

押井監督は上映後の観客に「お暑い中どうも。こうして(若い女優陣たちと)並んでみると未だに違和感がありますね(笑)」と照れることしきり。そして「(本作は)前半を耐えることができれば面白くなる映画です。ちょっと正直に前半で落ちちゃったという方いらっしゃいますか? 落ちてもかまいませんので(笑)。そういう映画になっています。いままでやったことないことをやるために企画してました」と今作での演出の狙いを明かした。監督の率直な語りに、場内は笑いにつつまれることも。

映画『東京無国籍少女』初日舞台挨拶
©2015東映ビデオ
ところが「演技力に加えてアクションをこなす体力が必要な役ですから、清野さんなしではできなかった作品! アニメ、実写問わず、必ず暴力は出てくるが、生涯暴力に特化した監督になろうとしたつもりでしたが、意外にやっていないことがいっぱいあって。刃物で刺すとか、血が飛び散るとか。血が苦手で蚊に刺されても大騒ぎする人なので(笑)」と苦手を吐露。「でも、やっている間はネジが外れて一旦始めると止まらなくなっちゃて、やってみると意外と楽しかった」とご満悦の様子。

この日、清野が欲しがっていたセグウェイをプレゼントし、「初めて主演をやらせた人には責任を感じますので、人生変えてしまったというか。一生つきまとうので。また、やりましょう」と再タッグを申し込んだ。

配給=東映ビデオ
公式サイト http://mukokuseki-movie.com/

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で