佐藤健×菅田将暉×岡田将生ら映画『何者』で戦隊ゴレンジャーを結成?!

映画会見/イベントレポート

[シネママニエラ]俳優の佐藤健が8月30日、主演する映画『何者』完成披露試写会の舞台あいさつで、共演者たち5人で戦隊もののように色決めをして、黒のフォーマル衣装に各自のカラーをプラスして登壇した。佐藤は赤、有村架純はピンク色のヒール、二階堂ふみはオレンジ色を配したドレス、岡田将生は「本当は青が良かったけど」とボヤきつつ紫色のチーフをポケットに、菅田将暉は左膝に緑色のバンダナを巻いて登場した。先輩役の山田はゴールドのネクタイ。

佐藤健「映画『何者』を見終わった後に、誰に共感したとかなど語り合ってもらいたい」

佐藤は、差し色を身に着けて登壇した理由として「現場で5人でいることが多くて、黒に同じ色の差し色は多い。でも何者は個性がそれぞれで、この作品に合うと思ってやってみました」と説明。会場からは「かわいい」という反応が飛び交うなか、「正しい!」と褒める佐藤。さらに菅田には「緑の取り入れ方は君の生き様のようだね。何も知らないと足を痛めたかのような」とイジって、なごませた。

すると次は、佐藤と菅田が、「(一匹狼キャラという役のため撮影は)数日なのでみなさんとあまりお話ししていない」と振り返った岡田に、「僕達の思い出忘れさられてる?」「サイテー」と半ばイジケ気味なイジりをパス。そういった見事なパス回しで、人気者たちによる軽妙なトークが展開していくことに。

左から三浦大輔監督、岡田将生、二階堂ふみ、佐藤健、有村架純、菅田将暉、山田孝之
左から三浦大輔監督、岡田将生、二階堂ふみ、佐藤健、有村架純、菅田将暉、山田孝之
そのため「(舞台あいさつの時間が)あっという間すぎて無駄話をし過ぎたと反省しています」と締めの挨拶で発した佐藤。そして「三浦監督のもと、このメンバーで作品をつくれたことを心から誇りに思います。それぞれ感想を持っていただける作品なので、見終わった後に、誰に共感したなど語り合ってもらいたい」と観客に語りかける。

そして監督からは「企画が動き出したのは2年前ぐらい。原作をいかに映像化するかに邁進した。豪華キャストに集まっていただき、初めての機会ですが、自分としては満足いくものができました」という頼もしいコメントが聞けた。

また、南の方にいたという山田は「遅れそうだったので、台風に乗って東京に戻ってきた」そうで、「そのせいで(同日夕刻より実施予定だった)レッドカーペットイベントを中止にしてしまって、すみません」という粋な理由をつけ、代表して謝罪した。

※このほか『何者』完成披露試写会の舞台あいさつ写真は追って掲載します → 映画『何者』完成披露試写会舞台あいさつのフォトギャラリー

映画『何者』について

直木賞作家・浅井リョウの原作を映画化。5人の大学生たちが就職活動を通して、自分が何者であるか模索していく様を描く。

映画『何者』(東宝 配給)は2016年10月15日[土]より全国公開

公式サイト
映画『何者』完成披露試写会舞台あいさつのフォトギャラリー
佐藤健「女装は似合わない」との自己分析を語る
桐谷美玲、藤井美菜、高畑充希、有村架純、山本美月『女子―ズ』出演を語る

[amazonjs asin=”B06Y5P7M94″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”何者”]

[amazonjs asin=”4101269319″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”何者 (新潮文庫)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で