映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』発声上映決定

ニュース

[シネママニエラ]ザ・ビートルズのキャリア初期を描き、1970年の『レット・イット・ビー』以来46年ぶり、アップル公式作品でアカデミー賞受賞監督のロン・ハワードがメガホンを執り、『ザ・ビートルズ・アンソロジー』から実に21年ぶりの大ヒット上映中の映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』の発声上映が決まった。

シェイスタジアムにて、映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK』(ロン・ハワード監督)より
シェイ・スタジアム( Shea Stadium )にて © Subafilms Ltd.

本作品の見どころの1つが1965年8月15日のニューヨーク「シェイ・スタジアム」のライブ映像全編が4Kリマスターで編集され、本編に合わせて2Kで上映されていること。また日本では特別に日本限定版として、50年前の来日時のパートが長く編集されており、武道館でのライブシーンも収録されている。

映画を見たファンからは「座って静かに見るだけなんてつらい!」という声が続出し急遽、ジョン・レノンの誕生日である10月9日[日]に発声可能上映を行うことが決まった。
同日19時の回 @角川シネマ有楽町

映画『ザ・ビートルズ〜EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years』あらすじ

イギリス・リヴァプールのキャバーン・クラブで活動を始めたビートルズは、1961年から62年にかけてイギリスの音楽シーンに華々しく登場し、1963年の終わりにはヨーロッパ・ツアーを開始。そして翌1964年2月9日、アメリカの人気テレビ番組「エド・サリヴァン・ショー」に出演したことで全世界的に人気を爆発させた。同年6月に入ると、バンドは初のワールド・ツアーをスタート。以後2年間は過酷なスケジュールをこなし続け、ツアー活動を停止した1966年8月の時点で、バンドは世界15ヶ国90都市で、166回のコンサートを行っていた。こうしたツアーに助長されて生まれた「ビートルマニア」と呼ばれる社会現象は、それまで世界が1度も目にしたことのなかったもので、文化のグローバル化が始まるきっかけとなった。
(原題 THE BEATLES:EIGHT DAYS A WEEK ‐ The Touring Years /2016年/イギリス映画/英語/カラー/140分)

映画『ザ・ビートルズ~EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years』(KADOKAWA 配給)は角川シネマ有楽町ほか全国大ヒット上映中

公式サイト http://thebeatles-eightdaysaweek.jp
グラミー賞「ザ・ビートルズ・トリビュートライブ」WOWOWが放送!
映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』2017年日本公開決定!
映画『ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK-The Touring Years』ロンドンプレミア

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で