織田裕二「夫婦円満の秘訣?教えて」恋バナにマジ照れ

映画会見/イベントレポート

[シネママニエラ]俳優の織田裕二が10月23日、主演映画『ボクの妻と結婚してください。』カップル限定試写会に駆けつけ、観客と共に恋愛診断と恋バナを繰り広げた。この上映後イベントには主題歌担当の中島美嘉、それに三宅喜重監督も参加した。

織田裕二、グッとくる言葉は「愛してる」
織田裕二、グッとくる言葉は「愛してる」

本作は樋口卓治著の小説をベースに、三宅監督が映画化。テレビ業界で働く敏腕放送作家(織田)が余命宣告を受け、愛する妻(吉田羊)・息子の未来のために、本気で妻の再婚相手をさがす計画をたてる。三宅監督は「この夫婦は似合た者同士で笑いに変えていく。ただ、すごく互いを思い合っていることが伝わればいいな」と思って演出していたと話す。

織田裕二、映画『ボク妻』を機に「改めて全力でやりたいなと思えた」
織田裕二、映画『ボク妻』を機に「改めて全力でやりたいなと思えた」

上映後のイベントとあって、しばし作品に沿ったトークのあとに、登壇者・来場者が二択でピンクとブルー2色のハート型札でこたえる『ボク妻』心理テスト「恋愛ドラマチック度」を実施。監督は「あってます」と照れ笑い。中島は「理想はツンデレ系男子」という診断に、「やさしい男子がいい」と正す。織田は「低体温症人間、超現実主義」の診断に、「あってない!」と思わず法門寺沙羅駆(ドラマ「IQ246~華麗なる事件簿~」キャラクター)の口調になり、「ロマンチストって若い頃は言われてましたけど」とブツブツ。さらに観客からの質問に答える時間も。

織田裕二、観客の直撃質問に答える

「夫婦円満の秘訣は?」

織田裕二
一緒に食事に出かけるとか、夫婦も「男女の時間」を持つといい。

「異性からのグッとくる言葉は?」

織田裕二
ベタな台詞が浮かんだんですけど、「あ」からはじまって「る」で終わる言葉。タイミング次第でグッとくる。

「記念日のお祝いは?」

織田裕二
当日は仕事が多い。(奥さまに機会は)貯金しておいて、って。かなり貯まっているかもしれない。
中島美嘉
(相手に忘れられても)わたしは貯金タイプなので気にしない。うちは、あっさりしている

映画『ボクの妻と結婚してください。』カップル限定試写会@東京・品川THE GRAND HALL
左から中島、織田、三宅

そして、最後に織田が「なかなか、いっぱい作品がつくれなくてすみません。本当にやりたいと思える素敵な作品に出会えたことを感謝しています。僕は今、この作品に出会えてしあわせ」だと締めの挨拶を行うと、会場から大きな拍手が起きた。

このほか映画『ボクの妻と結婚してください。』カップル限定試写会フォトギャラリー

映画『ボクの妻と結婚してください。』(東宝 配給)は2016年11月5日[土]より全国公開
公式サイト
公式SNS Twitter | Instagram | facebook

[amazonjs asin=”B01KWUYAOE” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”Forget Me Not(初回生産限定盤)(DVD付)”]

【関連記事】
映画『ボクの妻と結婚してください。』カップル限定試写会フォトギャラリー
映画『ボクの妻と結婚してください。』作品情報・予告編
<織田裕二>映画『ボク妻』はリセットして臨めたと爽やか笑顔
織田裕二、中島美嘉に平謝り「なんでもします」
戸田恵梨香の自然体エピソードに中谷美紀らビックリ!
予告編で観る!今週の映画ランキング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で