映画『亜人』佐藤健×綾野剛「自主的に筋トレと食事制限した」

フォトギャラリー 映画会見/イベントレポート

俳優の佐藤健が9月4日、主演映画『亜人』完成披露試写会舞台挨拶に、綾野剛、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、山田裕貴、浜辺美波、本広克行監督と参加し、撮影の日々を振り返った。キャスト陣の和気あいあいとしたやり取りに会場は笑いと歓声に包まれ、大いに盛り上がった。

佐藤健「亜人はジェットコースターのよう」
佐藤健「亜人はジェットコースターのよう」

本作は、桜井画門著のカリスマ的人気を誇る人気漫画(小学館「good!アフタヌーン」連載)を「踊る大捜査線」「SP」「PSYCHO-PASS」の本広克行監督が、佐藤健を主人公に実写化。絶対に死なない新人類・亜人のバトルとハードなサスペンスが魅力となる物語だ。

映画『亜人』完成披露試写会舞台挨拶フォトギャラリー(28枚)

Vo.山中拓也THE ORAL CIGARETTES
THE ORAL CIGARETTES が主題歌「BLACK MEMORY」を生披露!

THE ORAL CIGARETTES の主題歌「BLACK MEMORY」で開幕したこの日のイベント。演奏途中に佐藤が乱入?!し、バズーカ砲を放つなど会場のボルテージを上げていく。そしてマイクを握るや「自信作が出来ました!」と晴れ晴れとした表情をみせた。佐藤扮する永井圭とは同じ亜人でありながら、その考えの違いから対立する最強の亜人・佐藤を演じた綾野は、劇中台詞「ワクワクするだろー」「可愛い顔して」を生再現するなどノリノリの姿をみせた。また、本日のお披露目に「興奮している」とも語った。

映画『亜人』佐藤健×綾野剛「自主的に筋トレと食事制限した」

佐藤は「絶対に死なない者同士の戦いはともすると茶番に見えてしまう」ため、つまり「亜人という絶対に死なない人たちが、どんなに殴り合っても、観客は「死なないでしょ?!」と思われてしまう」と言う観客の心理を想像した上で、「観た事のあるアクションは1秒もいらない!という気持ちで作りましたが、難しかったです」として、高い目標を掲げで撮影に臨んでいた。けれども、佐藤は「僕はやられ役。逃げていく時に、高い場所から降ちるシーンをやったら、首が2センチ縮んでいた」と明かし、「でも、(綾野)剛が引っ張って戻してくれました(笑)」とおどけた。

映画『亜人』完成披露試写会舞台挨拶
後列左から THE ORAL CIGARETTES 、山田裕貴、本広克行監督
前列左から 浜辺美波、千葉雄大、玉山鉄二、佐藤健、綾野剛、城田優、川栄李奈

一方の綾野は、佐藤について「佐藤健を追い込むのは楽しかったですね、やっぱりいい顔をするんです!」とにっこり。客席から「かっこいい!」の声援が飛ぶと、綾野は「どっちが?」と呼応。まさかの反応に会場は爆笑の渦に。発した女性も「健が!」と返答するや、綾野はさらに「互いの信頼関係があって成り立った」アクションの動きであり、仕上がった作品だと強調。佐藤健ファンを喜ばせた。 

佐藤健の降壇をエスコートする綾野剛
佐藤健の降壇をエスコートする綾野剛

そんな佐藤と相手役の綾野。本広監督から指示がないにも関わらず、アクションのために自主的な身体づくりを行っていたという。佐藤は「食事制限が大変でした。大好きな白米が食べられない生活が苦しかったです!」と吐露。そして綾野は「食事制限では(佐藤と)二人で同じメニューをほぼ毎日食べていました。その期間は(他作とあわせて)4か月間。当時は鍛えすぎて(筋肉が邪魔をして)ワキがしまらなかったです」等と振り返った。

佐藤健「亜人はジェットコースターのよう」

映画『亜人』は「ジェットコースターのようにあっという間に終わります。特にアクションシーンはものすごいスピード感でめまぐるしく展開していきます! 最後まで置いてけぼりにならぬよう、振り落とされぬように見ていただければ。存分に楽しんでください!」

こちらは速報です。写真は追加します →追加しました

映画『亜人』(東宝 配給)は2017年9月30日[土]より全国公開
映画『亜人』公式サイト
公式SNS 映画『亜人』Twitter | Instagram | facebook

[amazonjs asin=”B074PXQW76″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”【Amazon.co.jp限定】BLACK MEMORY 初回盤(BKW!!カード「BLACK MEMORY」 ver.)(オリジナル B3ポスター C ver.)”]

【関連記事】
映画『亜人』完成披露試写会舞台挨拶フォトギャラリー(28枚)
亜人(佐藤健主演×本広克行監督) – 映画予告編
「亜人」 (アフタヌーンコミックス)をAmazonで購入する
劇場アニメ『亜人 第1部 -衝動-』不死の新人類・永井圭の逃亡劇
佐藤健「一人二役はチャンスとピンチ」
佐藤健「女装は似合わない」との自己分析を語る
佐藤健 カノ嘘の「CRUDE PLAY with 小笠原秋」としてサプライズ生演奏披露!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で