竹内涼真『名探偵ピカチュウ』初の吹替声優は「責任重大」



俳優の竹内涼真が、「ポケットモンスター」のハリウッド実写化映画『名探偵ピカチュウ』(原題 Pokémon Detective Pikachu )の日本語版声優を務めることが、11月29日にグランドハイアット東京で実施された製作報告会見で発表された。竹内は起用されて「ドキドキした」と打ち明け、同時に「責任重大なので不安」だと吐露。来日中のハリウッド俳優ジャスティス・スミスから直々にアドバイスとエールを受けた。

『名探偵ピカチュウ』の吹替え台本を手に、笑顔の竹内涼真とジャスティス・スミス
吹替え台本を手に、笑顔の竹内とジャスティス

映画『シャーク・テイル』『ガリバー旅行記』で知られるロブ・レターマン監督は「名探偵ピカチュウとティムが出会い、ほかの人間には「ピカピカ」という鳴き声にしか聞こえないピカチュウの言葉が、人間の少年ティムには聞こえる。しかも中年男性の声色(CVはライアン・レイノルズ)というのは、すばらしいアイディアだと思いましたし、ポケモン初の実写ということに魅力を感じました」と述べた。

名探偵ピカチュウ(原題 Pokémon Detective Pikachu)
名探偵ピカチュウ
©2018 Legendary and Warner Bros. Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
©2018 Pokémon

ティムを演じるのは『ジュラシック・ワールド/炎の王国』のジャスティス・スミス。竹内はジャスティスに対して「子どもたちが「こういう世界があるといいな」と夢を持ってみる物語を届けるのは責任が重大です。そこで、僕が吹替えをするにあたり何かアドバイスをください!」と助言を求めた。するとジャスティスは「まず最初に、注意しておくことは「おいしいところはピカチュウが全部持っていくからね」とジョークで釘を刺し、それから「真面目なことを言うと、ティムというキャラクターは過去にいろいろなことがあってちょっとひねくれている性格なんだ。だから、ピカチュウとティムの対比があると面白くなると思うので、ドライにするといいと思いよ」とコメント。

左からロブ・レターマン監督、竹内涼真、ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン
左からロブ・レターマン監督、竹内涼真、ジャスティス・スミス、キャスリン・ニュートン

さらに「初の吹替え声優は不安」だと吐露した竹内に、ジャスティスは「大丈夫です!きっと素晴らしいものになると思います」と温かな励ましのエールを送った。その言葉を受けて竹内は「(助言が)支えになります!吹替えは初めてですけれども台本をしっかり読み込んで一生懸命頑張りたいと思います!」ととびきりの笑顔を見せた。

一番好きなポケモンと、その理由は?

ジャスティス・スミス
僕の最初のポケモンゲームはゴールドで、その時に選んだのがワニノコ(英語名 Totodile )。当時は、ワニノコのフィギュアをどこへ行くにも持っていました。

キャスリン・ニュートン
コダック(英語名 Psyduck)。良き聞き役で、素晴らしい役者だから好き。

ロブ・レターマン監督
私もコダックです。編集中に何が何だか分からなくなり頭を抱える自分の姿がコダックと似ているからです。コダック以外だとバリアード(英語名 Mr.Mime )です。

竹内涼真
カイリュー(英語名 Dragonite )です。ミニリュウ、ハクリューと一生懸命育てレベルを上げると懐いてきて、ものすごく強くなるんです!

映画『名探偵ピカチュウ』(東宝 配給)は2018年5月より全国公開

映画『名探偵ピカチュウ』公式サイトhttps://meitantei-pikachu.jp/
「名探偵ピカチュウ – 3DS」 をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD