瀧本美織『風立ちぬ』初ヴェネツィアに感涙 宮崎駿引退が日伊で波及!

ニュース ヴェネツィア国際映画祭

[シネママニエラ]9月1日(現地時間)、第70回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門出品作の『風立ちぬ』の公式会見に引き続き、同日19時15分からはレッドカーペットアライバルと公式上映が行われ、スタジオジブリの星野康二社長と同作でヒロイン菜穂子の声を演じた瀧本美織が出席した。瀧本は公式イベント直前に宮崎監督の引退を知らされ、ヴェネチアでの上映と相まって大粒の涙を流していた。

瀧本美織、初ヴェネチア
瀧本美織

瀧本美織『風立ちぬ』初ヴェネツィアに感涙 宮崎駿引退が日伊で波及!

この日、赤いドレスを選んだ滝本には「今日はカーペットに溶け込もう!」という思いがあったそうで、星野社長のエスコートでレッドカーペットに登場。公式上映会場のPalazzo del Cinema(パラッツォ・デル・チネマ)(約1,000席)では、映画の冒頭スタジオジブリのロゴマークが出た瞬間に大きな拍手が!  そして、荒井由実の主題歌「ひこうき雲」が流れるエンディングに、場内では約5分にも及ぶスタンディングオベーションが起きていた。このことについて、瀧本は「エンドロールが始まるとお客様が立ち上がって、ずっと拍手をしてくれたので、感動しました」と振り返った。

翌朝の現地マスコミは、宮崎駿監督の突然の引退発表を受けて『風立ちぬ』は大きく取り扱われた。特にイタリアの老舗全国紙CORRIERE DELLA SERA(コリエーレ・デッラ・セーラ)では、顔写真と場面カットが一面を飾り、「ベネチアに夢を見せてくれる平和主義なおとぎ話。創造性、夢、愛への讃歌歌った作品だ。映画の中で「才能は10年だ」という言葉があるが、彼の場合は例外であろう」と評した。また、Il Gionrnale(イル・ジョルナーレ)紙は、「マエストロ宮崎駿の最後の傑作。初めて泣いたという監督の言葉があるが、彼と一緒に私たちも泣いた」とやはり高評価だ。アニメーションとしては史上初となる金獅子賞への期待が高まっている。

日本では1日が映画サービスデーということで、8月31日、9月1日の2日間の土日興収前週比105.5パーセントと、公開44日間にして依然大ヒット中。今回の引退発表を受けて、TOHOシネマズスカラ座には問い合わせの電話が集中したそうだ。なお、宮崎駿監督の9月6日の記者会見、さらに同日「金曜ロードSHOW!」では『紅の豚』放送が急遽決定するなど、その反響は大きい。

英題=The Wind Rises
日本公開=2013年7月20日
配給=東宝
©2013 二馬力・GNDHDDTK

『風立ちぬ』興行収入100億円を突破!
宮崎駿監督『風立ちぬ』米アカデミー賞候補の朗報に「非常に名誉なこと」
公式サイト kazetachinu.jp
風立ちぬ DVDをAmazonで購入する
宮崎駿監督作品集 Blu-rayをAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で