ロバート・ロドリゲス「アリータはテキサスのスタジオ裏庭で撮影した」



木城ゆきと著「銃夢」をベースに、あのジェームズ・キャメロン脚本×ロバート・ロドリゲス監督が生み出した映画『アリータ:バトル・エンジェル』の来日ゲストが登壇するイベントがYouTube Space-Tokyoにて開催された。ロドリゲス監督は「アリータはテキサスのスタジオ裏庭で撮影した」ことも明かした。

YouTube Space-Tokyoにて開催された
YouTube Space-Tokyoにて開催

この日のイベントは、“究極のクリエイターズ・セッション”と銘打っており、ホストをつとめるのは最新テクノロジーと人間の懸け橋になろうと日々奮闘中の最強のバーチャルYouTubeクリエイターのキズナアイ。笑いの絶えない大盛り上がりのイベントとなったが、こちらの記事では登壇者のコメントを中心に紹介する。

ローサ・サラザールさん
ローサ・サラザールさん

ローサ・サラザールさん(アリータ役)

「アリータをふるさとにつれてきました! (最初にCGキャラクターになった自身の姿を見て)「オーマイガッ!」と言っちゃたわ。とにかく、驚きました、自分も観客の一員として観てるけど、アリータの身体は自分が投影されていたから。まるで二人で一つの人格を作り上げたような感じね。だから、「アリータは車で私がドライバーなのよ」という説明をすると大概は理解してもらえるかしら。私のすべてを注入したキャラクターになっているわ」
「木城さんが訪れると耳にしていたわ。実際に姿が見えた時に、私は思わずハグして(抱きついて)しまったの。そしたら、木城さんは私を「アリータ」って呼んでくれて。その一言だけど、わたしには十分。アカデミー賞に匹敵するぐらい励みになった」と、感謝。読み込んだ第1巻はボロボロの状態になっていたそう。それにサインももらったという。

映画『アリータ:バトル・エンジェル』
ヒロインのアリータ
© 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation 

クリストフ・ヴァルツさん(イド役)

「質問してもいい?(キズナアイさんは)婚約していますか?」と質問して、会場をわかせた。「アリータのことを一瞬忘れてしまった」となごませて、「35年間、東京に来たいと思っていたのでようやく実現しました」とご挨拶。
イドはアリータに人間を愛せるかと問われるけど「サイボーグは人間を愛せるかの質問を(キズナアイさんに)さきほど聞いたんだけどね。もしも、人間がサイボーグに恋することができるのなら、その逆も可能だと考えています」

ロバート・ロドリゲス「アリータはテキサスのスタジオ裏庭で撮影した」
ロバート・ロドリゲスさん

ロバート・ロドリゲスさん(監督)

「3年前にこの企画がスタートしたころから来日の話をしていたよ。日本で誕生した物語だからこそ、日本の方々には早く観てもらいたい」
(本作のような作品の場合)「リアルな世界観をつくるには、まずは演じてくれる人が大事。ジェームズ・キャメロンもリアリティに基づいて世界観を構築する。自分もリアルなものをつくることで、劇中のキャラクターもリアルに感じられると思う。だからこそ、アリータがかわいらしく、そして強く戦士らしく見えてくる」。それだけではなく、「漫画を写真のようにリアルにつくるには技術も必要です。これまでに『アバター』や『『猿の惑星』なども手がけている、スタジオWETAの協力が必要でした。ジェームズ・キャメロンは2005年に企画をたてて、技術の進歩をすすめてきたんです」
「(みなさんには)ハリウッドのフィルムメーカーにはなってもらいたくないな。僕自身もハリウッドのフィルムメーカーではないからね。今でも地元のテキサスで、自分のスタジオを軸にして仲間たちと制作しているからね。多様性は大事。だからこそ、クリエイターの方々には、自分の力をだして己のハリウッドを築いてもらいたいと思っています!」。ちなみに「アリータは私のスタジオの裏庭にセットを作って撮影したんですよ」

ジョン・ランドーさん(プロデューサー)

「実は、(自分は)2週間前にも来日していて、木城先生に本作を観てもらいました。20年前に『タイタニック』のワールドプレミアでの来日は今でも覚えています。そのあとで、ジェームズ・キャメロンは、木城先生にお会いして映画化の話をしておりました」
原作は「世界に共感される物語でした。初めて漫画の世界を映像化したときの可能性があること、漫画の神髄を誠実に表現できると思えたからです」。そんな日本のコンテンツが世界で愛されるための工夫はなんですか?「それに応える前に、一ついいかな。大きな瞳をもつ女性を美しいと思います。我々は、木城先生がつくられたキャラクターはもちろん、物語も普遍的だと感じました。ヒロインが持つパワーで、周りや世界を変えていけるという内容なのです」

映画『アリータ:バトル・エンジェル』(20世紀フォックス映画配給)は2019年2月22日[金]より全国公開

ハリウッド版・銃夢『アリータ:バトル・エンジェル』公開決定!
ジョン・ランドー来日 実写『銃夢』初映像を披露!
ジェームズ・キャメロン監督が前人未到に惹かれる理由とは
ジェームズ・キャメロン監督が映画『アバター<特別編>』電撃発表!
クリストフ・ヴァルツ「日本からの招聘を待っているよ」
原作漫画・木城ゆきと著「銃夢」 をAmazonで購入する

映画『アリータ:バトル・エンジェル』
映画『アリータ:バトル・エンジェル』(20世紀フォックス映画配給)は2019年2月22日[金]より全国公開

この写真の記事へ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD