ブリー・ラーソン「キャプテン・マーベルから自分らしくいることの大切さを学んだ」



マーベル・シネマティック・ユニバース最新作にして、女優ブリー・ラーソンが主人公を演じた映画『キャプテン・マーベル』(原題‎ ‎Captain Marvel )のワールドプレミアがロサンゼルスで開催されたので現地の様子をご紹介する。ブリーは「キャプテン・マーベルから自分らしくいることの大切さを学んだ」と話す。

ブリー・ラーソン「キャプテン・マーベルから自分らしくいることの大切さを学んだ」
ブリー・ラーソン©Marvel Studios 2019

イベント開始前から熱気を帯びたファンの目の前に、キャプテン・マーベルのトレードマークである星をあしらった艶やかなドレス姿で登場したブリー。「3年間もの間、この映画の準備をしてきたので、やっと皆さんにお届けできることがとてもうれしいです!」と、満面の笑みを見せていた。

自身が演じるキャラクターについて「キャプテン・マーベルは、とてもパワフルなキャラクターなんだけど、不完全なところも持ち合わせていて、人間味のあるとても素晴らしいキャラクターよ!」と語り、「私は彼女から、自分らしくいることの大切さを学んだの。早く世界中の人々にこの作品を観てほしいわ」と、メッセージを送る。

映画『キャプテン・マーベル』(原題‎ ‎Captain Marvel )のワールドプレミアがロサンゼルスで開催された
映画『キャプテン・マーベル』(原題‎ ‎Captain Marvel )のワールドプレミア開催©Marvel Studios 2019

若き日のニック・フューリー役サミュエル・L.ジャクソンは、これまでにも数多く共演を果たしてきたブリーについて「彼女は、この作品で、とても素晴らしい演技を魅せてくれているよ。みんなのブリーに対する印象もこの作品で変わるはずさ」と絶賛した。

MCU初監督を務めたアンナ・ボーデン&ライアン・フレックの2人も登場。マーベル初の女性監督となったアンナは「ブリーは、とても感受性が豊かで、人間味に溢れている素晴らしい女性だから、キャプテン・マーベルの不完全で傷つきやすい部分も体現してくれたわ。」と振り返り、「だからこそ、キャプテン・マーベルは、誰しもが共感できる素晴らしいキャラクターになっていると思うの」と、ブリーが演じたからこその魅力があるとコメント。

歴代のマーベル作品を手掛けてきた監督たちやキャストも駆けつけ、マーベル最重要ヒーローの門出に花を添えた。

過去の記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベル。彼女の記憶には、恐るべき戦いの引き金となる “秘密”が隠されていた。正体不明の敵に狙われた彼女が、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?

映画『キャプテン・マーベル』(ウォルト・ディズニー・ジャパン 配給)は2019年3月15日[金]より全国公開
©Marvel Studios 2019

映画『キャプテン・マーベル』スポット映像


©Marvel Studios 2019

彼女の記憶の秘密は?映画『キャプテン・マーベル』登場!
新鋭監督による話題の映画『ショート・ターム』日本版予告編
映画『ルーム』少年ジャック5歳の誕生日を経て命懸けの大冒険をする

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD