イーストウッド監督が五輪テロ事件の真実描く映画『リチャード・ジュエル』日本公開決定

ニュース

イーストウッド監督が五輪テロ事件の真実描く映画『リチャード・ジュエル』日本公開決定

クリント・イーストウッド監督の40本目となる映画『リチャード・ジュエル』(原題 Richard Jewell )の日本公開日が決まり、予告編も到着した。

イーストウッド監督が五輪テロ事件の真実描く映画『リチャード・ジュエル』日本公開決定
クリント・イーストウッド監督と、主人公リチャード・ジュエル役のポール・ウォルター・ハウザーと、弁護士ワトソンを演じるサム・ロックウェル
© 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

本作は、1996年のアトランタ・オリンピックで起きた爆破テロ事件の“真実”を描く“衝撃の問題作。人生を大きく狂わされた警備員リチャード・ジュエルは爆弾の第一発見者だった。

これまでにも映画『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』『15時17分、パリ行き』『運び屋』で、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきたクリント・イーストウッド監督。

映画『リチャード・ジュエル』(ワーナー・ブラザース映画配給)は2020年1月17日[金]より全国公開
© 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画『リチャード・ジュエル』あらすじ

アトランタ・オリンピック開催中に爆破テロ事件が勃発。不審なバックを発見した警備員リチャード・ジュエル(ポール・ウォルター・ハウザー)の迅速な通報によって数多くの力で多くの人命が救われた。だが、爆弾の第一発見者であることでFBIから疑われ、第一容疑者として逮捕されてしまう。ジュエルの窮地に立ち上がった弁護士のワトソン・ブライアント(サム・ロックウェル)は、この捜査に異を唱えるのだが…。

映画『リチャード・ジュエル』予告編

© 2019 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED, WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

映画『リチャード・ジュエル』公式サイト※準備中
公式SNS Twitter | Instagram | facebook
巨匠クリント・イーストウッド監督・主演作は麻薬カルテル最年長『運び屋』の実話
『15時17分、パリ行き』巨匠イーストウッド監督が初めて無差別殺傷テロを描く
映画『ハドソン川の奇跡』(原題 Sully )がリアルな理由
メイド・イン・フランス パリ爆破テロ計画 [DVD]をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で