岩井俊二監督「『ラストレター』は僕からの“手紙”」

映画会見/イベントレポート

岩井俊二監督「『ラストレター』は僕からの“手紙”」

岩井俊二監督が12月19日、映画『ラストレター』の完成披露試写会の舞台挨拶に出席し、同作について「『ラストレター』は僕からの手紙です。ぜひお返事お待ちしております」とファンに呼びかけた。

左から岩井俊二監督、広瀬すず、松たか子、森七菜
左から岩井俊二監督、広瀬すず、松たか子、森七菜

本作は、岩井監督が出身地である宮城を初めて舞台にしており、手紙の行き違いから始まった二世代の男女の恋模様と、それぞれの心の再生と成長を描く物語。この日、監督は「手紙のやりとりをする『Love Letter』という映画を過去に僕は撮っていて、どちらも手紙の話なので無関係に作るよりは、逆に似せて違いを見てもらおうかなという気持ちがありました。姉妹編です」という意図を語り、さらに「僕の中で映画というのは、僕が作り完成させるものではなくて、それを観たお客さん一人一人の心の中に完成するものだと思っています」という持論を述べた。

主演の松たか子
主演の松たか子

舞台挨拶には、『四月物語』に続くタッグとなった主演の松たか子、初の岩井組となる広瀬すずと森七菜も登壇。本作メインコピー「君にまだずっと恋していると言ったら信じますか?」にちなんで、キャストの「ずっと恋しているものは?」が明かされた。

森七菜の初々しい告白…。
森七菜の初々しい告白…。

先陣を切ったのは、森。「オフィシャルな場で言うのは初めてです。「広瀬すず」さん!」と想いを告白すると、会場は沸いた。森は笑顔で「個人的に好きな気持ちは画面には映しちゃいけないと思って、撮影の最後まで封印して、言わないようにしました。撮影が終わったときに、「実は大好きなんです」っていうお手紙を渡したら、広瀬さんがお返事をくださって、「知ってたよ」って書いてありました(笑)」と告白の顛末を披露。

告白の瞬間は照れ笑いだった広瀬は、「すごくきれいな字でお手紙をいただいて、うれしかったです」。森のその想いは「撮影の途中、マネージャーの情報で知った」そうだ。

岩井俊二監督「『ラストレター』は僕からの“手紙”」
岩井俊二監督「『ラストレター』は僕からの“手紙”」

そんな広瀬の「ずっと恋」は「洋服」。「雑誌「Seventeen(セブンティーン)」の専属モデルでお仕事を始めたので余計に洋服が好きになりました。好き過ぎて家の中で触られたくないのは洋服かも。洋服が癒やしにもなりますし、ストレス発散にもなります」と明かした。

最後に松が「ずっと恋」は「昼寝」。「昼間にフッと余裕ができて、うとうとして、短くても深く眠れた時、このうえない幸せを感じます」と話し、「なかなかできないので、ちょっと贅沢だなと思います」と付け加えた。

この日のイベントは、松が「いろいろなものを感じてもらえる映画になりました。公開は来年の一月、暖かくして映画館にお出かけください」と挨拶し、幕を閉じた。

なお「#拝啓ラストレター のハッシュタグをつけて投稿」するキャンペーンを実施中なので詳しくは公式サイトにて。

映画『ラストレター』(東宝 配給)は2020年1月17日[金]より全国公開
©2020「ラストレター」製作委員会

映画『ラストレター』公式サイトlast-letter-movie.jp
広瀬すず×菅田将暉 アニメ『打ち上げ花火』ヒロインなずなは超魅力的!
映画『ヴァンパイア』公開記念イベント岩井俊二を予習せよ開催

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で