戸田恵梨香&加瀬亮ら『劇場版SPEC~結~』メンバー総出ファンサービス!生サトリダンス、サインボール投げも


戸田恵梨香
当麻紗綾を演じた戸田恵梨香

[シネママニエラ]連続ドラマ「SPEC ~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~」に端を発する「SPEC」シリーズの完結編となる映画『劇場版SPEC~結~(クローズ)漸ノ篇(ぜんのへん)』が完成し10月21日、世界初の同作試写会と戸田恵梨香、加瀬亮、堤幸彦監督ら総勢14名による舞台あいさつが行われた。

戸田恵梨香、加瀬亮シリーズ完結宣言!『劇場版SPEC~結~』完成披露舞台あいさつ

3年間の間に、SPEC(スペック)を持つ者を表すスペックホルダーとしてさまざまな出演者が本作に関わっているが、『劇場版SPEC~結~(クローズ)』で再出演をするキャラクターや、前作に出演をしながらも正体が明かされなかったキャラクターもいる。そのためこの日の舞台あいさつには前述のほか、竜雷太、城田優、神木隆之介、向井理、大島優子、北村一輝、栗山千明、有村架純、KENCHI(EXILE)、福田沙紀、真野恵里菜が出席。

撮影を振り返るなかで、現場のムードメーカーとして名が挙がったのは北村。当人は真面目に取り組んでいたと主張するが、加瀬は「柱に隠れるようにして(北村を)見ないようにしていた」と明かす。この発言を聞いて、北村は「そういえば……恵梨香ちゃんも柱の陰にいたよね?」と気がついたようで、うなだれる一幕も。そんな北村に対して、戸田が即フォロー。「いえ、撮影を止めていたのはわたしです。北村さんを見て笑ってしまうので」と、労をねぎらうのだった。

戸田&加瀬ら『劇場版SPEC~結~』メンバー総出でファンサービス!
戸田&加瀬ら『劇場版SPEC~結~』メンバー総出でファンサービス!

登壇者は皆一様に作品ファンへの感謝を語る。さらに行動で示す者も。例えば、真野は「生サトリダンス」を披露。その間は、城田が真野にマイクを向けるというチームワークで、集まったファンにサービス。劇中で恋人(不倫)関係にある竜と有村は、劇中を彷彿させる息のあった動きを見せ、熱烈ファンを楽しませていく。もちろん戸田も(演出のため)当麻の口癖である「高まるぅ~」を何度も生披露。さらに、登壇者は去り際、客席へサインボールを投げていく。しっかりと相手の目を見つめてボールを投げたり、ステージから離れた人々へ届けようと努力する姿、さらに男性陣は2階席の観客にも届けようと投球する姿も見受けられた。サプライズづくしの舞台あいさつとなり、上映前のボルテージは高まっていった。

警視庁公安部の特殊捜査官である当麻紗綾(戸田)と瀬文焚流(加瀬)の二人がコンビを組み、予知能力や念動力といったSPEC(スペック)と呼ばれる特殊な能力を持つ犯罪者に立ち向かう様を描く。

日本公開=(漸ノ篇)2113年11月1日(金)/(爻ノ篇)2013年11月29日
配給=東宝
公式サイト http://www.spec-movie.jp
© 2013「劇場版SPEC ~結~ 漸ノ篇」製作委員会

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD