福山雅治、映画『真夏の方程式』舞台挨拶で吉高由里子を絶賛、世界公開決定の発表も

映画会見/イベントレポート 溺愛×偏愛シネマ

映画『真夏の方程式』ジャパンプレミア
吉高、福山(右)映画『真夏の方程式』ジャパンプレミアにて
[シネママニエラ] 6月23日、福山雅治、吉高由里子、そして西谷弘監督が、TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて行われた映画『真夏の方程式』ジャパンプレミア舞台あいさつに出席した。

東野圭吾著の推理小説ガリレオシリーズ第6弾を基に、福山がガリレオこと天才物理学者・湯川学に扮するサスペンス映画。映画化第1弾の『容疑者Xの献身』に続いて、『真夏の方程式』とメガホンを執った西谷監督は「見所はたくさんあって尽きない。カメラワークは動かすことで表現力不足が誤魔化せる。今回は役者の素材を生かして、固定カメラで余計なスパイスは加えず素材=役者の豊かな表現力を生かして調理した」と語る。

福山×吉高が「さすがです!」と、西谷監督に敬服を示したのは、湯川に事件の相談を持ち掛ける岸谷美砂(吉高)の登場シーンの演出。それについて「撮影は映画、連続ドラマの順番ですけれど、時系列としては映画はドラマの後の物語。その時間を埋める説得力がある動作をサッと演出されたのはさすがです!」と福山が語ると、吉高も強く同意していた。

このプレミアでは、福山と吉高は一方的に話すだけでなく、客席へ問いかけをしたり、その応答にダメ出しをするなど、常に交流をはかり上映前の場を大いに盛り上げた。吉高が「実に」と投げかけると、客席からは「面白い」との返しがあったことで、「(湯川の口癖のひとつを)言ってくれるんだー、やさしいんだね。なんか気持ちよくなっちゃって」と、ひとりご満悦。ところがその後、舞台あいさつの後半になると吉高ワールド全開のトークに、客席から「さっぱりわからない」の声が続出。吉高は小悪魔的な笑顔で「覚えてろ~」とかわいく抵抗していたが、これも湯川の口癖「さっぱりわからない」であることから、作品を応援するファンの愛ある反応と言えるだろう。

吉高由里子、福山雅治、監督連続ドラマ「ガリレオ」最終回目前となる、この日。福山は、クライマックスを迎えるにあたって「客席のリアクションも良く、ここで明日の最終話のネタばらしをしたくなるぐらい」とホクホク顔。福山と吉高は所属事務所が同じで、先輩と後輩の関係。そんな後輩・吉高のことを福山は「彼女しか持ちえない天性のものがある。アドリブに対する反応とセンスが素晴らしい」として、NGテイクのエピソードを披露するといったサービストークも飛び出すことに。※写真・下は、福山が吉高をマネた瞬間。

香港、台湾での公開も決定した本作。自信作とあって、早く感想を聞きたいという福山は「ラジオもやってます、アクセスしてください」と語り掛ければ、吉高も「ツイッター(@ystk_yrk)をやっているので」と客席に呼びかけていた。

連続ドラマ「ガリレオ」最終章は6月24日、30分枠拡大放送

【関連記事】映画『真夏の方程式』レッドカーペット&トークイベント

日本公開=2013年6月29日
配給=東宝
公式サイト http://www.galileo-movie.jp/
©2013フジテレビジョン アミューズ 文藝春秋 FNS27社

[amazonjs asin=”B00FF46TWE” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”真夏の方程式 Blu-rayスタンダード・エディション”]

[amazonjs asin=”4167110156″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”真夏の方程式 (文春文庫)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で