神木隆之介『3月のライオン』は「魂を削って一丸となって作った」

映画会見/イベントレポート

俳優の神木隆之介が2月22日、主演映画『3月のライオン』の完成披露試写会にて、「魂を削って皆一丸となって作った」同作を振り返った。桜と雪をイメージしたピンクと白の紙吹雪がが舞う美しい演出!キャストは客席中央から会場入りし、桜色のランウェイを通ってステージへ。各自のコメントは次のページにて

左から神木隆之介、有村架純、映画『3月のライオン』前編完成披露試写会にて
神木隆之介と有村架純

羽海野チカ著の人気コミックを基に、10代のプロ棋士の主人公・桐山零の半生を軸に前後編の2部作で実写化。神木は開口一番に「皆さんに自信を持ってお届けできる作品になっている」ことに触れ、「作品を観ていただけるのが初めてなのでずっと緊張していました。ゆっくりと楽しんでいただきたいし、僕が一番好きな“心に残る映画”だと思ってもらえたら」との心情を吐露。

この日は神木が仕切りを任されて、登壇者の有村架純(幸田香子役)、倉科カナ(川本あかり役)、染谷将太(二海堂晴信役)、清原果耶(川本ひなた役)、佐々木蔵之介(島田開役)、前田吟(川本相米二役)、豊川悦司(幸田柾近役)、中村倫也(三角龍雪役)、奥野瑛太(山崎順慶役)、新津ちせ(川本モモ役)、大友啓史監督とほのぼのクロストークを繰り広げ、会場は大いに沸いた。

豊川悦司(幸田柾近役)と佐々木蔵之介(島田開役)
豊川悦司(幸田柾近役)と佐々木蔵之介(島田開役)

神木をはじめ染谷、佐々木、豊川、中村、奥野は劇中でプロ棋士を演じた。撮影では長時間の正座に苦しんだことに触れた神木。佐々木は「対局の後、2週間は足腰が痛くて。棋士の方は本当にすごいよね」と明かし、神木も「すごいですよね」と改めて感心。豊川は「自分はベテランなので将棋盤の前に掘りごたつを用意してもらったので」と冗談で返す。これに佐々木も乗っかり「それはいい!」と関西弁の話芸で魅了する。

ほかにも神木がチョコを枕の下に隠していたことや、糖分摂取をお茶目にする技などが語られた。スタッフ・キャストが一丸となって作り上げた渾身作とあって話題は尽きず、15分間はあっという間に過ぎた。各自のコメントは次のページにて

フォトセッションでは、神木による自撮りも敢行。最初は控えめな笑顔だった豊川が思わずピースサインをする一幕も。さらに神木の掛け声「3月の」に続き、客席が「ライオン」と返すやりとりもあるなど、イベントは大盛況の中、幕を閉じた。

映画『3月のライオン』【前編】(東宝、アスミック・エース配給)は2017年3月18日[土]より全国公開
映画『3月のライオン』【後編】(東宝、アスミック・エース配給)は2017年4月22日[土]より全国公開
映画『3月のライオン』公式サイト
公式SNS 映画『3月のライオン』Twitter | Instagram | 映画『3月のライオン』facebook

【関連記事】
実写映画『3月のライオン』初映像とポスターが解禁!二海堂晴信も一瞬だけ登場
映画『3月のライオン』個性派・演技派揃いの第3弾キャスト発表
NHKアニメ「3月のライオン」10/8より放送開始
神木隆之介ツアー実施! 欧州撮影の写真集×DVDブック「Sincérité」発売
映画公開カレンダー2017年

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で