神出鬼没の小栗旬ルパン三世が4000人のハートを狙い撃ち?

映画会見/イベントレポート

小栗旬『ルパン三世』[シネママニエラ]映画『ルパン三世』の世界最速上映となるワールドプレミアが8月4日に東京国際フォーラムで開催され、主演の小栗旬、玉山鉄二、綾野剛、浅野忠信、黒木メイサ、ジェリー・イェン、キム・ジュン、北村龍平監督、山本又一郎プロデューサーが上映前の舞台あいさつに登壇した。モンキー・パンチ著の不朽の名作を小栗旬ら豪華キャストで実写化した本作。小栗が、プレミア冒頭に客席のモンキー・パンチ先生へ一輪のバラを捧げるという心にくい演出もあった。

小栗旬のヤミ練が表出!

北村監督は「(ルパンの実写映画化は)正直最初はやめておけばいいと思いました。でも小栗旬がルパンを引き受けると覚悟を決めたことを聞いて、それから2年間つっ走りました。監督というのは一人でできるものではありません。スタッフやキャストのみんながルパンを実写にすることを助けてくれました。本作の出来栄えを『大丈夫かな?』と思っている人がいると思うけど、大丈夫です! これ(本作)は僕たちのワンツーパンチの1です、ジャブです。ここから2、3、4と続きます!」と頼もしく宣言すると、会場からは「わぁ」という大歓声が起きた。

ジェリー・イェン×キム・ジュン『ルパン三世』を振り返る

映画『ルパン三世』ワールドプレミアその「覚悟」をもって大役に臨んだ小栗は「ついに観てもらう日がきました。頑張って作った作品なので、皆さまに受け入れてもらえるのかドキドキしています。でも、ワクワク楽しんでいただける映画だと思います。いろいろな時代のルパンがありますが、本作の台本の中に(ルパンならば)絶対そういうふうに言うよねって台詞があって。(銭形警部役の)浅野さんと話しても、無意識なのに意識の中にあってそうなっちゃうと話しました。最終的に監督と相談し、バランスをとっていただいた」のだと、この日はいつにもまして饒舌だ。

ところが司会者から、劇中で披露したルパン口調について「どんな?」と実演を促されると、小栗は「やーだーよー。無理無理無理」としゃがみこんで、キュートな駄々っ子状態に。これに監督も加わり「ファンサービスだから」と説得。さらに浅野が「さっき裏で練習してたじゃん。旬は意外に真面目」と明かされる。すると小栗は観念したと見せつつも、峰不二子役の黒木を道連れにした。黒木も照れ隠しで頭を垂れるなどして渋々応諾し、「監督『よーい、アクション』ください!」とリクエスト。黒木の「ごめんねー、ルパーン」に呼応して、小栗が「そりゃないぜー、不ー二子ちゃーん」を披露するに至った。もちろん観客は拍手喝采!

そんな黒木について、監督は「本作のムードメーカー。どんな状況でも弱音をはかず、グチも言わず、機嫌が悪くなったりすることもなく、姫(メイサ)が頑張っているのだから、男性陣も頑張ろうという雰囲気になっていった」と改めて称賛した。

2014年 日本映画/133分
英題=LUPIN THE THIRD
日本公開=2014年8月30日
配給=東宝
公式サイト http://lupin-the-movie.jp/
©2014 モンキー・パンチ/「ルパン三世」製作委員会

映画『ルパン三世』ワールドプレミア

[amazonjs asin=”B00QLL8NYC” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”ルパン三世 Blu-rayスタンダード・エディション”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で