世界周遊?!『しあわせはどこにある』精神科医著の小説を映画化



映画『しあわせはどこにある』(ピーター・チェルソム監督)[シネママニエラ]イギリス人のピーター・チェルソム監督が、精神科医フランソワ・ルロールが執筆し、日本でも翻訳されベストセラーとなった小説を実写化した映画「Hector and the Search for Happiness」の邦題が『しあわせはどこにある』に決まり、6月13日より日本で公開される。

映画『しあわせはどこにある』予告編

世界周遊を経て本当の幸せを知るか!?

満たされた生活を送っているはずなのに、ふと人生に「幸せ」を感じられなくなってしまった主人公を演じるのは個性派俳優のサイモン・ペッグ。劇中の主人公ヘクターはタンタン好きという設定であり、あだなはタンタン。演じたペッグは、映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』のデュポン役で声の出演もしていたのは奇遇。

相手役にはデヴィッド・フィンチャー監督のスリラー映画『ゴーン・ガール』で本年度アカデミー賞助演女優賞にノミネートされ、一躍スターダムにのし上がったロザムンド・パイク。ふたりは映画『ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う』でも共演。脇を固めるのは名優クリストファー・プラマー、ジャン・レノ、トニ・コレットなど。

映画『しあわせはどこにある』あらすじ

精神科医のヘクターは、美人でしっかり者のクララと一緒に、ロンドンで何一つ不自由のない生活を送っていた。しかし、毎日、患者たちの不幸話を聞き続けていくうちに、自分自身の人生も価値の無い物のように思えてきてしまう。「幸せって、なんだろう…?」ある日、ヘクターはその答えを求めて旅に出ることを決意する。イギリスを旅立ち、中国からチベット、アフリカ、そしてアメリカへ。

映画『しあわせはどこにある』は2015年6月13日[土]よりシネマライズほか全国順次公開

ドイツ、カナダ、イギリス、南アフリカ映画/120分
原題=Hector and the Search for Happiness (2014)IMDb
日本公開=2015年6月13日
日本語字幕=石田泰子
配給=トランスフォーマー
公式サイト http://shiawase-movie.com/
© 2014 Egoli Tossell Film/ Co-Produktionsgesellschaft “Hector 1” GmbH & Co. KG/Happiness Productions Inc./ Wild Bunch Germany/ Construction Film. 2014 All Rights Reserved.

◆原作
フランソワ・ルロール「幸福はどこにある―精神科医ヘクトールの旅」(NHK出版・刊)

2015年03月09日 掲載
2015年04月26日 更新[予告編動画]
2016年08月29日 更新[Blu-ray]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD