三浦春馬ら実写版『進撃の巨人』キャストが心情を赤裸々に吐露



[シネママニエラ]映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』完成披露ジャパンプレミアが7月21日に東京国際フォーラムにて盛大に催され、主演の三浦春馬をはじめ、長谷川博己、水原希子、本郷奏多、三浦貴大、桜庭ななみ、松尾諭、石原さとみ、ピエール瀧、國村隼、そして樋口真嗣監督が舞台あいさつに登壇した。三浦は、降壇する際に「心臓を捧げよ」のポーズをとり、ファンは歓喜の声をあげた。

映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』完成披露ジャパンプレミア

進撃の巨人キャストが語る撮影の思い出

本作は諫山創著のコミックを基にした実写映画。巨人の餌と化した人類は巨大な壁を築き、壁外への自由と引き換えに侵略を防いでいたが、人類は巨人に挑むことを決断し、その攻防が描かれていく。「原作の巨人と立体機動に一目ぼれした」という樋口監督は、緊張と(登場時の)高所が苦手とのことから終始恐縮気味。「今、見るとみなさんきれいな人ばかり。汚くしたり、アクションさせたり、(撮影で)僕はひどいことをした気が」となぜか反省の弁まで飛び出すことに。

そんな監督に本郷は「アニメ版と同じように冒頭のナレーションをアルミンにしませんか? マントが着たいです、等の僕の願いをなんでも叶えてくれたドラえもんのような存在。大好きです」とラブコール。三浦も座長として締めの挨拶を行い、「すべて樋口監督が導いてくれました。素晴らしい体験を、させていただいことに本当に感謝しています。すさまじい映像をお届けできると思います!」と、改めて監督への拍手で感謝を伝え、労を労った。

約4,000名の観客が集った東京会場では世界観を再現するかのように「壁」と「巨人」仕様。この1度限りのプレミア試写会は東京のほか札幌、大阪、名古屋、福岡で同時開催された。映画『進撃の巨人 ATTACK ON TITAN』は、2015年8月1日[土]より全国東宝系ロードショー

こちらは速報です。→ 更新しました。

日本映画/98分
日本公開=2015年8月1日
配給=東宝
公式サイト http://www.shingeki-seyo.com/
©2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 ©諫山創/講談社

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD