中条あやみ主演「覆面系ノイズ」実写化!「絶対素敵な映画になる」

ニュース

[シネママニエラ]モデル・女優と活動の幅を広げている中条あやみの主演で「花とゆめ」で連載中の福山リョウコ著の人気コミック「覆面系ノイズ」が実写映画化される。中条は「人前で歌うこともだんだん楽しくなってきました。絶対素敵な映画になる」と感じたという。2016年11月に撮入し、2017年春完成、秋に公開する予定。コメント全文掲載

中条あやみ「有栖川仁乃役を演じる事が出来てとても嬉しいです!」
中条あやみ=有栖川仁乃 ©2017「覆面系ノイズ」製作委員会 ©福山リョウコ/白泉社・花とゆめ

本作は鎌倉を舞台に、全員が、伝えたいのに伝えられない想いを抱えているという切ないラブストーリー。奇跡の歌声を持ち、その歌声で次々と人の心を虜にしてしまう主人公の仁乃(ニノ)の恋模様を音楽を絡めて描いていく。

この仁乃(ニノ)は小さな頃からとにかく歌うことが大好きで、ひとたび歌えば誰もがその声に魅了されてしまうという、奇跡の歌声をもつ女の子。気持ちが昂ると思わず叫び出してしまうので、マスクを常用しているというほど、溢れる想いを胸に秘めているキャラクターだ。ニノが高校生になり、一人の男の子と学校で再会するところから、物語はスタート。

中条はニノを演じるにあたり、8月からボイストレーニングに通い、本格的な歌そしてギターにも初挑戦している。監督は映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』でも女子をキュンキュンさせた三木康一郎がつとめる。

映画『覆面系ノイズ』あらすじ

歌うことが大好きな仁乃は、高校生になったある日、学校でユズと再会。ユズの所属する、正体不明の大人気覆面バンドin No hurry to shout(通称イノハリ)のボーカルに誘われた仁乃は、新たに歌う場所を得て、その歌声に磨きをかけ、もう一人の会いたい人・モモに声を届けるため再び歌いだす。
仁乃には幼いころに、いつも一緒に歌を唄っていた初恋の相手・モモ、そして曲作りをする少年・ユズという大切な存在であった2人との別れを経験する。「いつの日か、この歌声を目印に、必ず君を探し出す…」という2人との約束を信じて歌い続けてきた仁乃。

映画『覆面系ノイズ』特報映像

©2017映画「覆面系ノイズ」製作委員会

映画『覆面系ノイズ』(松竹配給)は2017年秋 → 11月25日[土]より全国公開
『覆面系ノイズ』公式サイト
『覆面系ノイズ』Twitter | Instagram | facebook

2016年11月23日 掲載
2017年06月30日 更新[特報映像|公開初日]

【関連記事】
覆面系ノイズ(中条あやみ主演×三木康一郎監督) – 映画予告編・作品情報
映画『覆面系ノイズ』三木監督×中条あやみらコメント全文は次のページにて
覆面系ノイズ 1 (花とゆめCOMICS)をAmazonで購入する
中条あやみ&間宮祥太朗、初の国際映画祭参加は壮絶な1日に
有川浩著「植物図鑑」岩田剛典×高畑充希で映画化決定!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で