映画『海賊とよばれた男』(山崎 貴監督)タイトルロゴ

映画『海賊とよばれた男』主演・岡田准一が20~90代を熱演

ニュース 映画作品情報 溺愛×偏愛シネマ

ジャニーズ事務所きっての演技派として知られる俳優の岡田准一が、『永遠の0』に続いて山崎貴監督×百田尚樹原作の実写化で主演をつとめた映画『海賊とよばれた男』がまもなく公開となる。原作読了以来、映画化を楽しみにしていた作品の一つであった。

映画『海賊とよばれた男』(山崎 貴監督)
©2016「海賊とよばれた男」製作委員会 ©百田尚樹/講談社

原作小説の主人公・国岡鐵造は、石油業界の異端児であり功労者でもある人物、石油事業を通じて戦後日本の復興を促した出光興産創業者の出光佐三さん(故人)がモデルだとされている。ベストセラー小説の主人公だけに人を惹きつける魅力にあふれた主人公であるが、実写映画化された主人公もとても魅力ある人物として再現されている印象を受けた。岡田は特殊メイクを施し、声や佇まいを変えて20~90代を熱演している。

歴史経済小説の映像化ということで、明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき一青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく主人公の物語。ハリウッド映画でいえば『フォレスト・ガンプ』的な、主人公を通して歴史を垣間見る感覚も味わえる。

綾瀬はるか、映画『海賊とよばれた男』(山崎 貴監督)より
©2016「海賊とよばれた男」製作委員会 ©百田尚樹/講談社

岡田をはじめ、これまでの山崎監督作品を彩ってきた吉岡秀隆、染谷将太、堤真一といった実力派俳優陣に加え、本作で初参加となる綾瀬はるか、鈴木亮平、小林薫など、日本映画界を代表する豪華キャストの競演の実現も見どころのひとつ。

誰よりも“日本人の誇り”を追求し、“海賊”とよばれ恐れられた国岡鐡造と、彼を支える仲間たち、そして最愛の妻との絆が織りなす重厚な人間ドラマに仕上がっている。

映画『海賊とよばれた男』あらすじ

若き日の国岡鐡造(岡田)は、主要燃料が石炭だった当時から、石油の将来性を予見し北九州・門司で石油業に乗り出す。が、石統[ 石油配給統制会社]など様々な壁が常に立ちふさがり、鐡造たちの行く手を阻む。
しかしながら彼は、どのような絶望的状況下でも決して諦めず、それまでの常識を覆す奇想天外な発想と型破りな行動力、そして何よりも従業員を大切にする情により、新たな道を切り拓いていく。
(2016年/日本映画/145分)

映画『海賊とよばれた男』(東宝配給)は2016年12月10日[土]より全国公開

映画『海賊とよばれた男』公式サイト
公式SNS 映画『海賊とよばれた男』Twitter | Instagram | facebook
映画『海賊とよばれた男』作品情報
岡田准一「30キロの岩を背負いエヴェレストに登る」
<岡田准一>司馬遼太郎著『関ヶ原』映画化!「石田三成役を嬉しく思う」
小雪「母の偉大さを痛感」本音で子育てを語る
BUMP OF CHICKEN『WILLPOLIS』に山崎貴×松坂桃李が参加

[amazonjs asin=”B071D6SWPB” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”海賊とよばれた男 Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で