広瀬すず 映画『チア☆ダン』夢見る同世代にエール!

映画会見/イベントレポート 映画作品情報

女優・広瀬すず主演の青春映画『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』完成披露試写会が2月12日に都内のホールで開催され、チアダンス部JETSメンバー役の広瀬をはじめ、中条あやみ、山崎紘菜、富田望生、福原遥、JETS顧問役の天海祐希、そして河合勇人監督が揃った。

広瀬すずは主人公・友永ひかりを演じている
広瀬すず

本作はフツーの女子高生と一人の教師がチアダンスで全米制覇を成し遂げる感動の軌跡を描いた青春感動サクセスストーリー。2009年3月、福井県立福井商業高等学校のチアリーダー部が全米チアダンス選手権大会で優勝したという実話を基にしている。この日はTeamJCDAのみなさんによるオープニングアクトでスタートし、鑑賞前の観客に同作の世界観の一端を披露し盛り上げた。

JETSメンバー役の広瀬をはじめ、中条、山崎、富田、福原は半年間チアダンスを練習し物語同様に絆を深めていった。役に向き合うその姿勢について、大先輩の天海は「彼女たちは努力する方向性も術も、なぜ努力しなくてはいけないのかという理由もきちんと分かっている。ただ、これだけ女の子ばかりが集まったので何か勃発(ぼっぱつ)するのではないか?」と気にかけたそうだが、「いい意味で競い合っていました。みんな根性があります!」として改めて労った。

新潟、そしてアメリカでのロケと合宿生活のように撮影した日々を懐かしむコメントも。なおアメリカでは国際派の中条が、みなを率いてショッピングに出かけることもあったそう。中条は「子どもだけで街を歩いている気分」、山崎も「楽しかったけど、慣れない街で出歩くのはちょっと怖かった」等と振り返った。

広瀬は夢が叶ったあとも努力し続けることの大切さに気づかされるはずとして、「ありがたいことに自分の大好きなこと、こうして女優を続けていられる。だからこそ私は努力し続けないといけない、と思った」と心情を明かし、さらに「いま頑張っている人、頑張りたいことがある人、今まで頑張ったことがある人に、(本作は)刺激になるものがあると思うので、それを持ち帰って欲しい」と同世代に向けて呼びかけた。

TeamJCDAのみなさんと映画『チア☆ダン』監督とキャストでフォトセッション
TeamJCDAのみなさん、左から河合監督、天海祐希、中条あやみ、広瀬すず、山崎紘菜、富田望生、福原遥

わたしたちの夢は
「毎日を笑顔で過ごしたい」(福原)
「演技力と人間力を身につけて、映画の主演をはれるような女優になりたい」(山崎)
「劇中のように、またみんなと踊りたい」(富田)
「誰かの心に残る女優になりたい」(中条)
「夢というよりは目標ですけど、自分に甘いのでしっかり意思を持ちブレないようにしたい」(広瀬)

各自の夢が語られると、天海は「応援してまーす」とエールを送った。

映画『チア☆ダン ~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~』(東宝 配給)は2017年3月11日より全国公開

映画『チア☆ダン』公式サイトcheerdance-movie.jp
公式SNS 映画『チア☆ダン』Twitter | Instagram | facebook
<広瀬すず×山﨑賢人>映画『君嘘』楽器演奏は死にそうだった?!
中条あやみ&間宮祥太朗、初の国際映画祭参加は壮絶な1日に
藤野涼子主演『ソロモンの偽証』会見も裁判形式の全力ぶり
福本莉子は透明感あふれる15歳の美少女! 第8回東宝シンデレラGPに決定
予告編で観る!今週の映画ランキング
チア☆ダン 「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の真実をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で