岩田剛典、映画『去年の冬、きみと別れ』ほとんど笑わず役をずっと引きずった

ニュース 映画作品情報

岩田剛典主演の映画『去年の冬、きみと別れ』の原作は、芥川賞作家・中村文則著の傑作小説。物語の主人公は、新進気鋭のルポライター耶雲恭介(やくもきょうすけ)。婚約者・松田百合子(まつだゆりこ)との結婚 を間近に控え、本の出版を目指す彼が目を付けたのは・・・不可解な謎が残る、盲目の美女が巻き込まれた焼死事件と、その事件の容疑者である天才写真家・木原坂雄大(きはらざかゆうだい)。しかしその真相に近づくにつれ、彼は抜けることのできない深みにはまっていく。

岩田剛典、映画『去年の冬、きみと別れ』ほとんど笑わず役をずっと引きずった
岩田剛典 ©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会 ©中村文則/幻冬舎

主人公・耶雲恭介役の岩田は、「EXILE」「三代目 J Soul Brothers」のメンバーであり、映画『クローズ EXPLODE』で俳優デビュー。興行収入22億円の大ヒットを記録した『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『HiGH&LOW』シリーズなど、俳優としても精力的に活動する。本作では盲目の美女が巻き込まれた謎の焼死事件の真相を追う新進気鋭のルポライターを演じ、その真相を追ううちに、いつの間にか抜けることの出来ない深みにのみ込まれていく役柄で初の本格派サスペンス映画に挑んだ。

岩田剛典さん(耶雲恭介 役)

とてもシリアスな作品なので現場も和気あいあいとした雰囲気とは違い、毎日緊張感を持って臨めていたと思います。監督、スタッフ、役者全員が自分の仕事に徹し、1シーン1シーンいい画を撮っていくことに神経を研ぎ澄ましているプロフェッショナルな現場でした。僕もこの撮影中はほとんど笑わず耶雲という役をずっと引きずっていたし、撮影が休みの日も作品のことばかり考えているような日々でした。ただ撮影の後半に、(斎藤)工さんと北村さんと食事に行くことができて楽しい時間を過ごせたのはいい思い出です。クライマックスシーンを撮る前だったので、あのタイミングで距離を縮められたのは3人にとってもよかったのかなと思いました。正直いろいろなプレッシャーもありましたが、自分のすべてが試された作品だと思って魂を込めて演じたつもりです。

映画『去年の冬、きみと別れ』あらすじ

新進気鋭のルポライター耶雲(岩田剛典)が狙った大物は、女性焼死事件の元容疑者であり天才フォトグラファーの木原坂(斎藤工)。真相に近付く耶雲だったが、木原坂の危険な罠は耶雲の婚約者、百合子(山本美月)に及ぼうとしていた。 (2018年/日本映画/118分)
監督 瀧本智行 脚本 大石哲也 音楽 上野耕路 原作 中村文則『去年の冬、きみと別れ』(幻冬舎文庫)|キャスト 岩田剛典 山本美月 斎藤工・浅見れいな 土村芳/北村一輝
©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会 ©中村文則/幻冬舎

映画『去年の冬、きみと別れ』(ワーナー・ブラザース映画 配給)は2018年3月10日よりTOHOシネマズ日本橋ほか全国公開

映画『去年の冬、きみと別れ』予告編

©2018映画「去年の冬、きみと別れ」製作委員会

映画『去年の冬、きみと別れ』公式サイト
公式SNS Twitter | Instagram | facebook
東出昌大『クローズEXPLODE』は「食らいつく気持ちで臨んだ作品」
有川浩著「植物図鑑」岩田剛典×高畑充希で映画化決定!
AKIRA×岩田剛典「エンドロールまで観て」
中村文則著「去年の冬、きみと別れ」 (幻冬舎文庫)をAmazonで購入する

[amazonjs asin=”4344427017″ locale=”JP” tmpl=”Small” title=”映画 去年の冬、きみと別れ ビジュアルブック (幻冬舎文庫)”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で