『ヴィンセントが教えてくれたこと』ジジイ×小学生の感動バディムービー

ニュース 映画予告編 映画作品情報

映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』日本版ポスター
[シネママニエラ]俳優のビル・マーレイが嫌われオヤジに扮し全米から拍手喝采を浴びた映画「ST.VINCENT」が邦題『ヴィンセントが教えてくれたこと』として2015年秋に日本公開となる。人生に空しさを感じ始めていた男が、年のかけ離れた少年との友情を通して、もう一度‘生きる力’を取り戻していく物語だ。

2014年北米でたった4館からスタートし、4週間後には2500館に拡大、最終的には4400万ドルを突破する驚異の快進撃を果たし、全米を笑いと涙で包んだハートウォーミングな感動作。ちょい悪オヤジのヴィンセントはアルコールとギャンブルをこよなく愛する街で評判の気難し屋。いい年をして物わかりのいい大人になれないヴィンセントが、ひょんなことから隣に引っ越してきた12歳のオリバーの面倒を見ることに。両親の離婚で早く大人になってしまったオリバーとヴィンセントは初めは反発しあう。

監督と脚本を手掛けたセオドア・メルフィはこれが初長編作ながら、トロント国際映画祭でワールド・プレミア上映され、各地の映画祭でも話題を集めた。メリッサ・マッカーシーが悩めるシングルマザーのマギー役を、ナオミ・ワッツが妊婦のストリッパーを演じ、それぞれ型破りな役柄で観る者に新鮮な驚きを与えている。また、オリバー役でビル・マーレイ相手に堂々と渡り合ったジェイデン・リーベラーは、ラスベガス映画批評家協会賞始め数々のベスト子役賞を受賞した。

映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』あらすじ

映画『ヴィンセントが教えてくれたこと』(セオドア・メルフィ監督)
©2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.
ヴィンセントは気難し屋のちょい悪オヤジ。ある日、お隣にシングルマザーのマギーと12歳の息子オリバーが引っ越してくる。仕事で遅くなるマギーから頼まれ、オリバーの放課後の面倒を渋々見ることになったヴィンセントは、行きつけのバーや競馬場にオリバーを連れ歩く。オッズの計算方法、バーでの注文方法、いじめっ子の鼻のへし折り方など、一見ろくでもないことを教え込んでいく。

[スタッフ]
監督・脚本・製作=セオドア・メルフィ 
[キャスト]
ビル・マーレイ、メリッサ・マッカーシー、ナオミ・ワッツ、クリス・オダウド、テレンス・ハワード、ジェイデン・リーベラー

アメリカ映画/102分
原題=ST.VINCENT
日本公開日=2015年9月4日
字幕翻訳=石田泰子
配給=キノフィルムズ
公式サイト http://www.vincent.jp
©2014 St. V Films 2013 LLC. All Rights Reserved.

2015年05月18日 掲載
2015年07月10日 更新[初日決定]
2015年08月27日 更新[予告編動画|メイキング映像]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で