ブラッド・ピット「訓練で限界を知り臨んだ宇宙飛行士役」

フォトギャラリー 映画会見/イベントレポート

ブラッド・ピット「訓練で限界を知り臨んだ宇宙飛行士役」

ブラピ熱弁!
ブラピ熱弁!

ブラピこと俳優のブラッド・ピットが約2年4か月ぶり、12回目の来日を果たし、製作・主演映画『アド・アストラ』について、初めての宇宙飛行士役ということで事前に訓練をして、自身の限界を知った上で演じた」ことなど熱弁をふるった。

ブラッド・ピット12度目の来日!
ブラッド・ピット12度目の来日!

「宇宙を舞台にしたエンターテインメントを作る上で、今までにないことをチャレンジしたかった。なかでも一番のチャレンジは宇宙服を着ながらピーターパンのようにワイヤーに吊るされたことが大変だったな。どこまで吐かずにやれるかテストした(笑)」

ブラッド・ピット「訓練で限界を知り臨んだ宇宙飛行士役」
はにかみ笑顔のブラッド・ピット

本作の映像は、「ジェームズ(・グレイ)監督とカメラマンのホイテ・ヴァン・ホイテマの考えで、古い手法をとりました。いかにリアルにみせるか、レンズのフレアや月の裏側の闇なども、実際にレンズで撮影してからCGとアナログを融合してできあがったものです。ですから、臨場感があるので“宇宙空間を体感している”ように感じると思えます」と丁寧に解説。

映画『アド・アストラ』来日記者会見
左から山崎直子さん、ブラッド・ピット、毛利衛さん、映画『アド・アストラ』来日記者会見

また「広い宇宙の深淵の中で、自分を押し殺して生きてきた主人公が、自分の存在意義がわからなくなり、宇宙で自分を見つめ直そうとするのです。映画は「人間のいろいろな面、葛藤も描きだすもの」、そういった映画の持つ力があるものを自分は作ってきたい。僕は今まで通り、プロデュースも俳優業も、自分が心惹かれるものには挑戦していくつもりだよ!」としっかりと持論を披露した。

映画『アド・アストラ』(20世紀フォックス映画 配給)は2019年9月20日[金]より全国公開
© 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

映画『アド・アストラ』予告編

© 2019 Twentieth Century Fox Film Corporation

ブラッド・ピット来日!「日本科学未来館は最高にクール!」
アド・アストラ(原題 AD ASTRA ) – 映画予告編
ブラピがヴェネツィアに降臨!『アド・アストラ』は大満足!
『アド・アストラ』映画前売券(一般券)(ムビチケEメール送付タイプ)をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で