第32回TIFF東京グランプリはデンマーク映画『わたしの叔父さん』

ニュース

第32回TIFF東京グランプリはデンマーク映画『わたしの叔父さん』

第32回東京国際映画祭の各賞が発表になり、TIFF東京グランプリは、デンマーク映画『わたしの叔父さん』(フラレ・ピーダセン監督)に決まった。

左から小池百合子東京都知事、フラレ・ピーダセン監督、イェデ・スナゴー、チャン・ツィイー審査員長、プロデューサーのマーコ・ロランセン
左から小池百合子東京都知事、フラレ・ピーダセン監督、イェデ・スナゴー、チャン・ツィイー審査員長、プロデューサーのマーコ・ロランセン

コンペティション部門の審査員長を務めた女優のチャン・ツィイーは、総評として出品作のクオリティの高さをあげた。そして東京グランプリを受賞した映画『わたしの叔父さん』は「ベストであり、審査員の満場一致で決まった」と述べた。

フラレ・ピーダセン監督は本作が長編2作目であり、劇中では実際の叔父と姪を起用し、政府の方針を受けて伝統的な酪農の衰退を背景にした物語を描いている。デンマークのドグマに影響を受けつつ、「本作では「もしも小津安二郎監督がデンマークで映画を撮ったとしたら?」として作り上げた作品だ」と明かしていた。

第32回東京国際映画祭が11月5日各賞を発表し閉幕した。こちらは速報です。

第32回東京国際映画祭受賞者の皆さん
第32回東京国際映画祭受賞者の皆さん
受賞結果はこちら

東京グランプリ/東京都知事賞
『わたしの叔父さん』Uncle

『わたしの叔父さん』
映画『わたしの叔父さん』©2019 88miles

審査員特別賞
『アトランティス』Atlantis

最優秀監督賞
サイード・ルスタイ『ジャスト 6.5』Just 6.5

最優秀女優賞
ナディア・テレスツィエンキーヴィッツ『動物だけが知っている』Only the Animals

最優秀男優賞
ナヴィド・モハマドザデー『ジャスト 6.5』Just 6.5

最優秀芸術貢献賞
『チャクトゥとサルラ』Chaogtu with Sarula

最優秀脚本賞
『喜劇 愛妻物語』A Beloved Wife

観客賞
『動物だけが知っている』Only the Animals

アジアの未来

作品賞
『夏の夜の騎士』Summer Knight

国際交流基金アジアセンター特別賞
レザ・ジャマリ『死神の来ない村』Old Men Never Die

日本映画スプラッシュ

 
作品賞
『i -新聞記者ドキュメント-』i -Documentary of the Journalist-

監督賞
渡辺紘文『叫び声』

東京ジェムストーン賞

ヨセフィン・フリーダ、伊藤沙莉、吉名莉瑠、佐久間由衣

特別功労賞

仲代達矢、大林宣彦

第32回東京国際映画祭の開催は2019年10月28日[月]~11月5日[火]
The 32nd Tokyo International Film Festival Award Winners
©2019 TIFF

第32回東京国際映画祭開幕!
ジャスト 6.5(Metri Shesh Va Nim) – 映画予告編
チャン・ツィイー 2019東京国際映画祭コンペ審査員長に就任
手塚治虫『ばるぼら』手塚眞監督が映画化!稲垣吾郎×二階堂ふみ初共演
をAmazonで購入する

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で