『攻殻機動隊ARISE』第3弾=シリーズ初のラブストーリー予告編完成



[シネママニエラ]『攻殻機動隊ARISE』シリーズ第3弾となる「攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears」の予告編が完成し、電脳戦と迫力のアクションシーンはもちろん、攻殻史上初となるラブストーリーの一部が明らかになった。なお、予告編は本日より全国の劇場及び公式サイトにて観られる。

映画『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』
©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
©Shirow Masamune・Production I.G/KODANSHA・GHOST IN THE SHELL ARISE COMMITTEE

完全無欠のリーダー草薙素子が、恋する女性の表情を見せる!

解禁となった予告編では、この義体(カラダ)が求める愛――そんなナレーションからはじまる。公安9課リーダー草薙が見せる女性としての表情が艶めかしい。そこからハッカー集団「ファイア・スターター」が関与する新たな謎へ。それにより9課解散の危機に追い込まれることが伺えるもの。

なおかつ、素子の恋人ホセ役の鈴木達央、新キャラクターとなる謎めいた美少女エマ役の茅野愛衣などの人気声優が攻殻機動隊の新キャラクターをどのように演じているのかが分かる内容。そしてエンディングテーマ、ショーン レノン、コーネリアスによる楽曲「Heart Grenade」も世界初披露だ。音楽面でも全く新しい世界が築かれたことになる。

『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』ストーリー

恋人の義体技師ホセと逢瀬を交わす草薙素子の元に仲間となったバトーから西ノ内のビルで起きた爆弾テロの急報が届く。現場に急行し制圧するとテロリストたちはファイア・スターターと噂される超ウィザード級ハッカーにより偽の記憶が植え付けられ、更に主犯のカルディス人の胸にはかつてクザン共和国で起きたカルディス人独立戦争の英雄“スクラサス”のシンボルマークであるティアドロップ・ダガーの刺青が刻まれていた。それを見た素子は「スクラサスは戦争中に死んだはず」と断言する。

映画『攻殻機動隊ARISE border:3 Ghost Tears』予告編

2014年 日本映画/55分予定
原題=GHOST IN THE SHELL ARISE
日本公開=2014年6月28日【2週間限定】
配給=東宝映像事業部
公式サイト http://www.kokaku-a.jp/
©士郎正宗・Production I.G/講談社・「攻殻機動隊ARISE」製作委員会
©Shirow Masamune・Production I.G/KODANSHA・GHOST IN THE SHELL ARISE COMMITTEE

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

シネママニエラの更新をチェック!

AD