映画『博士と彼女のセオリー』場面写真⑤

『博士と彼女のセオリー』はエディ・レッドメインの代表作だ!

ニュース フォトギャラリー 映画作品情報 溺愛×偏愛シネマ 特集
映画『博士と彼女のセオリー』場面写真④
映画『博士と彼女のセオリー』場面写真

[シネママニエラ]主演のエディ・レッドメインが第72回ゴールデングローブ賞で主演男優賞に輝いた本作は、難病と闘い続けた天才物理学者スティーブン・ホーキングと彼を支え続けた女性の感動ヒューマン・ラブストーリー。知られざる実話にスポットを当てた作品だ。

理論物理学者の立場から宇宙の起源の解明に挑み、現代宇宙論に多大な影響を与えたスティーヴン・ホーキング博士。ニュートンやアインシュタインと並ぶ天才と称される彼は、ALS(筋萎縮性側索硬化症)のハンデを負いながら最先端の研究を精力的に行い、講演活動や執筆活動へ意欲的に取り組む「車椅子の科学者」として知られている。しかし、そんなホーキング博士の偉業が、ひとりの勇気ある女性によって支えられていたことはあまり知られていません。

ホーキング博士を演じるのは、『レ・ミゼラブル』に出演のエディ・レッドメイン。ホーキング博士を献身的に支える妻ジェーン役には、『アメイジング・スパイダーマン2』出演のフェリシティ・ジョーンズ。

監督は、ビルの谷間を綱渡りする大道芸人にスポットを当てた『マン・オン・ワイヤー』でアカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞を受賞したジェームズ・マーシュ。さらにジェーン・ホーキング著「Travelling to Infinity: My Life with Stephen」を、脚本家のアンソニー・マクカーテンが翻案。作曲家ヨハン・ヨハンソンのよる心に寄り添う珠玉の音楽たちが、作品にこのうえない感動をもたらしている。

映画『博士と彼女のセオリー』あらすじ

学生の頃から天才物理学者として将来を嘱望されていたスティーヴン・ホーキングは、ケンブリッジ大学の大学院に在籍している時、あるパーティの場で、ジェーンと出会う。巧みな話術でジェーンを誘い、たちまちふたりは恋におちるのだった。ところが、その直後スティーヴンは難病ALS(筋委縮性側索硬化症)を発症。担当医より余命2年の宣告を受ける。自暴自棄になり別れを切り出すスティーヴンに対して、ジェーンは気丈にも力を合わせて病気と闘う道を選択する。

イギリス映画/124分
原題=The Theory of Everything(2014)
日本公開=2015年3月13日
英国公開=2015年1月1日
配給=東宝東和
公式サイト http://hakase.link
©UNIVERSAL PICTURES

[amazonjs asin=”B00XMZGX4W” locale=”JP” tmpl=”Small” title=”博士と彼女のセオリー ブルーレイ+DVDセット Blu-ray”]

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で