『ザ・ライト~エクソシストの真実~』日本版ポスター

『ザ・ライト~エクソシストの真実~』初登場で首位!【予告編付き1月30日全米トップ10】

ニュース 映画予告編

『ザ・ライト~エクソシストの真実~』日本版ポスター
©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
ありそうでなかった姿を見ることになる!ってことで初登場で首位になったのは、実話に基づくオカルト系作品。ごく普通の青年がエクソシストになるまでの過程を映してゆく。主演は映画『羊たちの沈黙』『ハンバニル』のアンソニー・ホプキンス。こちらのポスターから想像するに、オスカー俳優の怪演が悪夢のように記憶にまとわりつく……かも。一方、ジェイソン・ステイサムが持ち味を生かして大暴れするリメイク作も上位にランクイン!しています。

1. 『ザ・ライト~エクソシストの真実~』
[The Rite] (Warner Bros) 初登場/NEW [2,985 館]

『ザ・ライト~エクソシストの真実~』予告編

今も実在するエクソシストの真実をスウェーデン出身のミカエル・ハフストローム監督(『1408号室』)が暴く!
信仰を見失ったアメリカの神学生マイケル。卒業を間近に控えた彼は、司祭になる道を捨てようとしていたが、恩師に引き止められてローマに渡り、バチカンのエクソシスト養成講座を受ける。やがてマイケルは、異端だが“一流のエクソシスト”だと讃えられるルーカス神父の悪魔祓いを手伝うように。16歳の少女の儀式に立ち会ったマイケルは、悪魔の存在を疑うが、マイケルを待ち受けていたのは、疑惑を完璧に打ち砕くような、数々の恐るべき出来事だった!

日本公開=2011年3月19日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://www.ritemovie.jp
©2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

2. 『抱きたいカンケイ』
[No Strings Attached] (Paramount) 公開2週目 [3,022 館]

※ 『抱きたいカンケイ』の内容は、(1/23全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年4月22日
配給=パラマウント
公式サイト http://www.dakitai-kankei.jp/
© 2010 DW Studios L.L.C. All Rights Reserved.

3. 『メカニック』
The Mechanic (CBS Films) 初登場/NEW [2,703 館]

映画『ザ・メカニック』予告編

映画『コン・エアー』『トゥームレイダー』のサイモン・ウェスト監督がジェイソン・スタイサムを主演に、チャールズ・ブロンソン主演の映画『メカニック』をリメイク!
アーサー・ビショップ(ジェイソン・スタイサム)は、“メカニック”の通称で名を馳せる一匹狼の殺し屋。ビジネスはビジネスと割り切った一流の姿勢を貫く。あるとき彼の恩人ハリー(ドナル・ドサザーランド)が殺害された。ハリーの息子スティーヴ(ベン・フォスター)が報復を決意し、アーサーに弟子入りを望む。そんな彼にアーサーは、仕事のノウハウを教えるが。

日本公開=2011年8月13日
配給=ショウゲート
公式サイト http://mechanic-movie.jp/

関連記事
・映画『メカニック』/ジェイソン・ステイサムが寡黙な暗殺者に

4. 『グリーン・ホーネット』
[The Green Hornet] 3D (Sony Pictures) 公開3週目 [3,022 館]

※ 『グリーン・ホーネット』の内容は、(1/16全米興行トップ10)にて

【関連記事】
ジェイ・チョウら来日!映画『グリーン・ホーネット』ジャパンプレミアに優待される苗字はカトーさん!

セス・ローゲン&ジェイ・チョウ、映画『グリーン・ホーネット』初日舞台あいさつでも仲間割れ?!

日本公開=2011年1月22日
配給=ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
公式サイト http://www.greenhornet.jp/
Twitter=http://twitter.com/GreenHornet_JP

5.『英国王のスピーチ』
[The King’s Speech] (Weinstein Co) 公開 10週目 [2,557 館]

※ 『英国王のスピーチ』の内容は、(1/2全米興行トップ10)にて

【関連記事】
第17回全米映画俳優組合賞受賞

第83回アカデミー賞ノミネート一覧

日本公開=2011年2月26日
配給=ギャガ
公式サイト

6.『トゥルー・グリット』
[True Grit] (Paramount) 公開6週目    [3,120 館]

※ 『トゥルー・グリット』の内容は、(12/26全米興行トップ10)にて

【関連記事】
13歳の美少女ヘイリー・スタインフェルド、映画『トゥ
ルー・グリット』の演技を同業者が絶賛/NYプレミア

日本公開=2011年3月18日
配給=パラマウント ピクチャーズ ジャパン
公式サイト http://www.truegritmovie.com/intl/jp/

7. 『僕が結婚を決めたワケ』
[The Dilemma] (Universal Pictures) 公開3週目 [2,901 館]

※ 『僕が結婚を決めたワケ』の内容は、(1/16全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年1月14日
配給=東宝東和
公式サイト
© 2010 Universal Pictures. ALL RIGHTS RESERVED.

8. 『ブラック・スワン』
[Black Swan] (Fox Searchlight) 公開 9週目 [2,315 館]

※ 『ブラック・スワン』の内容は、(12/12全米興行トップ10)にて

【関連記事】
ナタリー・ポートマン歓喜、「女優としてのキャリアを満たしてくれた」

日本公開=2011年5月
配給=20世紀フォックス映画
公式サイト http://movies.foxjapan.com/blackswan/
公式ブログ=http://blog.livedoor.jp/fox_blackswan/

9.『ザ・ファイター』
[The Fighter] (Relativity/Paramount) 公開8週目 [1,914 館]

※ 『ザ・ファイター』の内容は、(12/19全米興行トップ10)にて

【関連記事】
「THE FIGHTER」の邦題が『ザ・ファイター』に決定し3月26日より全国順次公開へ
日本公開=2011年3月26日
配給=ギャガ
公式サイト http://thefighter.gaga.ne.jp/

10. 『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』
[Yogi Bear] 3D (Warner Bros) 公開7週目  [2,133 館]

※ 『ヨギ&ブーブー わんぱく大作戦』の内容は、(12/19全米興行トップ10)にて

日本公開=2011年4月2日
配給=ワーナー・ブラザース映画
公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/yogibear/

※数字は( )より

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で